NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>経営者が知っておきたい知的財産の知識

経営者が知っておきたい知的財産の知識

廣瀬国際特許事務所 代表弁理士 廣瀬 隆行

第3回中堅・中小企業の商標知識

1.商標権は先に使用していた者ではなく、先に出願した者に与えられる

突然商標権侵害の警告状が送られてくることがあります。この場合、会社の名前や商品の名前を変えなければならない事態や、商標が付された商品を全て廃棄しなければならない事態になることもあります。また、過去の売り上げの数%の損害賠償を支払わなければならなくなることもあります。これは、他人が、貴社の社名や商品名などを見て商標登録出願をした場合も同様です。商標権は先に使用していた者ではなく、先に出願した者に与えられるのです。

2.商標登録と会社の名前(商号)の登記は別物である

時折、会社名の商号登記ができたため商号を使用できると思われている経営者がいます。しかし、商号登記と商標登録とはまったく別物です。会社の登記が終わっても、他人の商標権を侵害する場合、合法的にその法人名を使用できません。会社の登記を行う前に、社名が他人の商標権を侵害しないか否か調査することは重要です。

もちろん、会社の名前のみならず、商品の名前やサービスの名前も商標の対象となります。ですから、商品やサービスを世に出す前に他人の商標を調査することは重要です。

3.商標登録出願をするには

商標登録出願は、特許庁のホームページを見ながら自社にて出願することもできます。ここで注意しなければならないことは、商標登録出願は、商標(マーク)だけではなく、商品やサービスも特定しなければならないことです。出願時に適切な商品やサービスを特定しないと、他社がそのマークについて商標権を取得してしまう事態も生じます。また、不必要な商品やサービスを特定すると、商標登録出願に関する費用や後述する更新費用が高くなってしまいます。

4.侵害の発見

特に近年、インターネットを用いれば商標権の侵害を容易に発見できるようになりました。ウェブサイトをお持ちの企業は、商標を使用していることを常に世の中に発信していることになります。一方、御社が商標権を取得した後は、インターネット検索を行うことで、定期的に商標権が侵害されているかどうかチェックできます。

5.登録商標を使わなくてもよいか

登録商標は必ずしも使用する必要はありません。しかし、登録後3年以上使用しないと、他人に商標登録を取り消されてしまう可能性があります。ですから、将来にわたって全く使用する予定のない商品やサービスについては、最初から出願に含めないのも賢い選択です。また、商標が取り消されないように、商標権を得た全ての商品やサービスについて、商標を使用した証拠を集めておくことも重要です。

6.更新期間の管理と商標権の見直し

商標権は、商標登録から10年存続します。登録から10年後の前6ヶ月間の更新期間の間に商標権を更新しなければ原則として商標権は失効します。ですから、商標登録から10年という期間を管理する必要があります。逆に更新をし続けることで商標権を長く所有することもできます。10年の期間を管理できない場合は、弁理士に更新時期を含めて管理をお願いすることが有効です。

プロフィール

廣瀬国際特許事務所 代表弁理士 廣瀬 隆行
[所属・役職]
廣瀬国際特許事務所 代表弁理士 廣瀬 隆行
知的財産関係専門委員
[略歴]
東京大学大学院広域科学専攻 修士課程修了。大手企業の知的財産部勤務,阿部・井窪・片山法律事務所を経て現職。
多数の知的財産事件に関与する他,複数のベンチャー,上場企業の顧問に就任し,有益な知的財産戦略の立案や知的財産管理,技術移転を行っている。特許出願は,情報通信,光学,医薬・バイオ,医療機器,化学・食品,機械,画像処理など幅広い分野について行っている。また,多くの特許無効審判,審決取消訴訟,侵害訴訟,訴訟前交渉を行うほか,特許無効や特許権侵害の有無に関する鑑定書を作成している。出願実績国は50カ国を超えるなど世界中の代理人とも良好な提携関係を築き,クライアントにリーズナブルで的確な外国特許サービスを提供している。大企業や中小企業に対し,知的財産教育に関する講演を頻繁に行っている。
[著書]
企業人・大学人のための知的財産権入門-特許法を中心に-東京化学同人
不正競争防止法 東京リーガルマインド出版
著作権法 東京リーガルマインド出版(共著)
最新中小企業経営者必携ハンドブック 日本商工経済研究所(共著)
裁判所法等の一部を改正する法律の解説-発明協会(共著)
実務 審決取消訴訟入門 民事法研究会(共著)
実務家のための知財判例 70選 発明協会(共著)
[URL]
廣瀬国際特許事務所

[バックナンバー]経営者が知っておきたい知的財産の知識

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正を契機としたISOの活用方法
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年8月21日付
  • NCD、ネット広告枠、サイトで売買、好みのメディア選べる
  • 在庫管理、無人で安く PALが倉庫にロボ
  • バイオマス発電所新設 エフオン、20年メド2カ所
  • ダイセル・エボニック 自動車の軽量部品製造 コスト6割減
  • ペットのトイレ、12時間消臭 室内犬用 ユニ・チャーム

経営喝!力 ビジネスIT活用index