NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>グローバル化に対応する日本企業となるために

グローバル化に対応する日本企業となるために

株式会社ニューチャーネットワークス 高橋透 福島彰一郎

第1回グローバルに対応しうる事業戦略とは

1.グローバル展開の実態

多くの企業がアジア新興国を中心とした"グローバル展開"を進めている。ブームとも言える現象である。しかしアジア新興国市場は、先行者利益が得られる段階はすでに終わり、欧米、日本、韓国そして現地企業との厳しい競争市場となっており、"高度な競争戦略"が求められる時代になった。

しかしその"グローバル展開"の実態をみると、しっかりとしたグローバル戦略がないまま安易な海外進出が進められ、競争力の乏しい現地合弁事業、稼働率の低い生産工場など、"潜在的な海外不良資産"を生み出してしまっている企業も多く見受けられる。

2.グローバル戦略で成果を上げている企業例

その一方でグローバル戦略が確実に大きな成果を上げている企業もある。

例えばエアコンのダイキン工業。ダイキン工業は1995年当時から、中国を低コスト製造拠点ではなく販売市場として捉え、自社の強みを活かせる業務用高級エアコン市場をターゲットとした。初年度に100人以上の営業マンを中国に送り込み、中国語や現地の商習慣を学ばせ、2000年までに中国全土で880の特約店からなる独自の販売網をつくり、中国で高級業務用エアコン「大金」のブランドを築き上げた。その強みを基に、2008年3月には中国最大のエアコンメーカー格力へアライアンスを持ちかけ、家庭用インバ-ターエアコンの生産委託、基幹部品の合弁生産、部品の共同購買などの包括提携を結んだ。それによって中国での中級機エアコン市場への参入を果たし、日本はじめ先進国向けの低価格市場でもシェアを拡大させることができた。

また飲料大手サントリーは、1990年代から中国のビール市場で、徹底したマーケティングにより独自の現地向け製品を開発し、さらには外資系として現地流通とのしがらみが少ないことを利用して流通構造の改革を仕掛けることで、中国企業よりも効率的な販売を行い、中国ビール市場でシェア第2位、上海地区では第1位の地位を獲得している。

その他、建設機械のコマツでは、模倣されたくないコア部品は日本で設計・生産したうえで、世界各地の生産拠点の強みを活かした最適な国産分業を実現している。製品にGPS無線装置を付けて稼働状況をリアルタイムで監視できるようにしたことで、製品の盗難防止、故障の早期発見という付加価値サービスの提供を実現、さらには製品の稼働率を把握することで、需要予測や生産計画に反映させるというコマツ独自のビジネスモデルを構築している。

3.グローバルに対応しうる事業戦略

このような日本企業の事例や我々の海外コンサルティング経験から、グローバル市場での成功、失敗事例を分析すると、グローバル展開には、主に以下の3つの"グローバル競争戦略"が必要であると考える。

  • 1.競合する日本、欧米、現地企業に対して、顧客価値に直結する際立った強みを構築し、それをテコに現地への参入を図っていること
  • 2.その強みをそのまま活用するのではなく、現地市場のマーケティングを徹底して行い、現地の顧客に合った形に製品・サービスをカスタム化していること
  • 3.さらに自社の強みを武器に、流通販売、開発設計、製造、調達などでアライアンスを含めたビジネスモデル上のイノベーションを実践していること

上記の様な事業戦略の根底には、「低コストでの生産のための海外展開」といった単純な「機能」の海外移転ではなく、各拠点の強みを活かし、製品開発、生産、販売、物流といった価値を生み出す一連の機能連鎖、つまり"各海外拠点も含めた事業全体での部門横断的な取り組み"、つまり"グローバルマネジメント基盤"が必要である。

"グローバルマネジメント基盤"づくりのためには、事業部の戦略企画部門が主体となり、狙いとする事業戦略を実現するために、各機能部門と国内外の各拠点間の相互関係をデザインし、マネジメントすることが求められる。その"グローバルマネジメント基盤"により、事業全体のコスト競争力や生産性を向上させ、さらには相乗効果を生み出すことができるのである。

このように、グローバルでの事業展開の成功のためには、参入市場で競争優位を構築するための"グローバル競争戦略"と、各機能部門や拠点の効果的な連携を促進する"グローバルマネジメント基盤"の2つのグローバル戦略が必須であるといえる。

プロフィール

株式会社ニューチャーネットワークス 代表取締役 高橋透
[所属・役職]
株式会社ニューチャーネットワークス代表取締役
株式会社ニューチャーアジア代表取締役
上智大学経済学部非常勤講師
[略歴]
1987年上智大学経済学部経営学科卒業後、旭硝子株式会社入社、セラミックスのマーケティング、新規事業の消費財の商品企画、広告宣伝を担当。その後大手コンサルティング会社を経て、1996年に経営コンサルティング会社ニューチャーネットワークスを設立し、代表取締役を務める。2010年より上智大学非常勤講師。
[著書・訳書など]
「ネットワークアライアンス戦略」(共著、日経BP、2011年)
「事業戦略計画のつくりかた」(PHP研究所、2006年)
「図解でわかる・技術マーケティング」(共著、JMAM、2005年)
「GE式ワークアウト」(デーブ・ウルリヒ他著、共訳、日経BP、2003年)
[URL]
http://www.nuture.co.jp/

株式会社ニューチャーネットワークス 取締役 シニアコンサルタント
福島彰一郎
[略歴]
1995年東京大学大学院工学系研究科材料学専攻修士課程修了
1996年同大学先端科学技術研究センター研究生
1998年米カーネギーメロン大学技術政策学部修士課程修了
1999年に経営コンサルティング会社ニューチャーネットワークスに入社、現在に至る。
[著書・訳書など]
「図解でわかる・技術マーケティング」(共著、JMAM、2005年)
[URL]
http://www.nuture.co.jp/

[バックナンバー]グローバル化に対応する日本企業となるために

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月27日付
  • 金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
  • クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
  • コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
  • 三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
  • アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機

経営喝!力 ビジネスIT活用index