NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>経営に役立てる強い決算書入門

経営に役立てる強い決算書入門

株式会社 オーナーズブレイン 小泉大輔

第3回決算書を実践的に読む~収益性

1.経営に活かす決算書の読み方:(ステップ2)収益性

前回は、経営に活かす決算書の読み方:(ステップ1)「安全性」のお話をしました。今回は、(ステップ2)収益性のお話です。収益性は、少ない投資でいかに大きなリターンを上げているか見ることがポイントです。指標としては、総資産利益率(ROA)や自己資本利益率(ROE)を用います。イメージは、以下のようになります。

1.総資産利益率(ROA)

ROAとは、自己資本、他人資本で調達した資金により、投下された総資産から、どれだけ利益が生み出されたかの利回りを表す指標です。

分子の利益は、目的に応じて、営業利益、経常利益、純利益が使用されます。一番理論的なのは、営業利益もしくは、支払利息控除前の経常利益です。なぜなら、総資産を、調達するためのコストは、負債の金利と、株主からの期待利回りということになります。ROAの分母には、負債が含まれることから、分子にも、金利を支払う前の利益にする必要があるからです。

2.自己資本利益率(ROE)

ROEは、株主から払い込まれた資金(自己資本)に対し、会社がどれだけの利益を生み出したが、会社の自己資本に対する当期純利益の割合です。

分子の利益は、自己資本(株主資本)に対する利益率を計算するため、税金支払後の株主に帰属する利益、つまり当期純利益を使用して計算することになります。

3.「ROA」と「ROE」を高める

「ROA」と「ROE」はそれぞれ「売上高利益率」と「資産回転率」に分解できます。

すなわち、ROAを高めるためには、「利益率を上げる」または、「回転率を上げる」という2つ方法があります。一方、ROEを高めるためには、この2つの要素の他に、3つ目として「財務レバレッジを上げる」という方法があります。「財務レバレッジ」は、「自己資本比率」の逆数です。ということは、借金をすればするほど、「自己資本比率」の逆数である「財務レバレッジ」の数字は大きくなり、結果として、「ROE」は改善することになります。

4.「ROA」と「ROE」どちらを重視するべきか

「ROA」と「ROE」、どちらを重視するべきでしょうか。私は、「ROA」を重視すべきと考えております。なぜかと言いますと、それは、「ROE」=「ROA」×「財務レバレッジ」の算式をみてもわかるように、「ROE」は「ROA」を高めるだけでなく、借金をして、財務レバレッジを上げればあげるほど、高くなってしまうからです(下図参照)。

「利益率」と「回転率」により、「ROA」を高める、その結果として「ROE」を高めるほうが、より「健全」だと考えられるからです。

営業利益ベースの目標ROAは、5%以上が目安です。なお、上場会社におけるROEは、世界平均は10%を超える国が多い中、日本は、6%~8%を推移してます。

(経済産業省の平成23年中小企業実態基本調査)

5.損益計算書の構造を理解して、利益率をみる

上記の収益性の分解の要素である「売上高利益率」をもう少し見てみましょう。
損益計算書は、「Profit(利益)」なのか「Loss(損失)」なのかを明らかにする表です。

損益計算書に関する経営指標には、
(1)売上高総利益率、(2)売上高営業利益率、(3)売上高経常利益率、(4)売上高経常利益率、(5)売上高対販売管理費・一般管理費比率などがあります。

(経済産業省の平成23年中小企業実態基本調査)

損益計算書の一つの重要な目安としては、景気の波にも耐えられるよう、売上高営業利益率10%を目指すことが望まれます。
最終回は、ステップ3として、収益性のもう一つの分解の要素である「回転率」から、効率性を見てみたいと思います。

プロフィール

株式会社オーナーズブレイン 代表取締役・公認会計士・税理士 小泉 大輔
[所属・役職]
株式会社オーナーズブレイン 代表取締役・公認会計士・税理士
[略歴]
朝日監査法人(現あずさ監査法人)、新日本監査法人を経て現職。
株式公開支援、M&A、企業価値算定をはじめ、会計・財務のコンサルティングを主たる業とするほか、数多くのセミナー・講演活動を行っている。
[著書・訳書など]
『コーポレート・ガバナンス報告書 分析と実務』2007年4月(共著、中央経済社)
『要点解説 金融商品取引法』2007年10月(共著、中央経済社)
「財務スキル教室」(「クオリティー・マネジメント」‐日科技連)
「金融商品取引法に向けた企業の対応」(「クオリティー・マネジメント」‐日科技連)等
[URL]
http://ownersbrain.com/

[バックナンバー]経営に役立てる強い決算書入門

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月23日付
  • ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
  • 日本工営、福島で小水力発電所
  • IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
  • 東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
  • ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開

経営喝!力 ビジネスIT活用index