NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>成果を上げるチームビルディング

成果を上げるチームビルディング

株式会社 オールフォーアース 代表取締役 吉田 忍

第3回なぜチームにいるのか?

第2回では、理想のチームを創るために、チームの一員である、あなた自身がどのようなリーダーシップを発揮したいのか?ということについて考えてきました。今回は、第3回として、そのリーダーシップを発揮するために必要なことについて考えてみたいと思います。

早速ですが、次の3つの質問について考えてみてください。

  • 1.なぜ、あなたは、そのチームにいるのでしょうか?
  • 2.そのチームで何を実現したいと思っていますか?
  • 3.実現したいことは、社会にとってどのような意味がありますか?

ポイントは、あなたが発揮するリーダーシップは、社会にとってどのような意味があるのか? というところです。
私が出会ってきた相乗効果を創るチームは、チームの目的を共有するだけではなく、会社にとって、社会にとってどのような意味があるのかを共有しています。

以前、ある大手通信会社で、社内で最も速く課長に昇進したリーダーをコーチしたときにその課長さんにもこの3つの質問をしました。

私:
「課長さんは、なぜ、このチームにいるんですか?」

課長:
「私は、このチームを通じて、会社を変えたいんですよ。」

私:
「変えたい?なぜですか?」

課長:
「僕みたいな犠牲者をもう作りたくないんです。」

私:
「犠牲者?」

課長:
「そう。働きはじめは、やる気を出して頑張ったのは良かったんです。ただ、全員睡眠時間は、2時間。そのうち、バタバタとチームメンバーが倒れました。リクエストしても人の補充がなく、最後は、私ひとりでプロジェクトをなんとか終わらせましたが、3ヶ月身体を酷使してボロボロになったんですよ。」
「はじめは『もうこんな会社やめてやる』って思いました。」
「ただ、思い直したんです。」
「だって、引き続きこの会社で、同じ犠牲者を出したくないじゃないですか。」
「これだけ大きな会社だからこそもっと生き生きとして楽しく成果を上げるチームをつくりたいと思ったんです。」
「そして、それが、この会社のスタンダードになったら、会社も生き生きと働く人が増えますよね。そして、僕らのやり方がプロジェクトを通じて関連企業にも広がり、業界にも広がり、最終的には、社会にも影響するかもしれないじゃないですか。」
「他の会社に転職しちゃったらそれができないし...だからいるんですよ。」
「なので、毎日さらにどうやったらチームが生き生きと仕事できるのかを考えています。」

私:
「具体的にはどのようなことを考えていますか?」

課長:
「今は、僕がチームのまとめ役なので、まずは、メンバーと飲みニュケーションですかね(笑)」

みなさんは、この課長さんの話から何を感じましたでしょうか?
なぜ、あなたはこのチームにいるのですか?
皆さんもチームメンバーと一緒に話をしてみてください。
その中からチームの活動がどのように社会に影響してくるかが見えてくるかもしれません。

プロフィール

株式会社 オールフォーアース 代表取締役
吉田 忍
[所属・役職]
株式会社 オールフォーアース 代表取締役
NPO法人 いきはぐ 教育カウンセラー
[略歴]
ハウスメーカーの海外生産統括マネージャー、コーチングファームのビジネスコーチを経て現職 組織風土改革、業績向上のための人材育成プログラムを主たる業とするほか、学校教育、家庭教育向けのセミナー・講演活動を多数行っている。
[URL]
株式会社 オールフォーアース
NPO法人 いきはぐ

[バックナンバー]成果を上げるチームビルディング

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法

経営喝!力 ビジネスIT活用index