NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>戦略的企業法務のすすめ(臨床法務から予防法務・戦略法務へ)

戦略的企業法務のすすめ(臨床法務から予防法務・戦略法務へ)

島村法律会計事務所 弁護士・公認会計士 島村和也

第3回戦略的な法務とは~営業秘密を例に~

1.営業秘密を考える

今回は、営業秘密を例に戦略的な企業法務を考えてみましょう。

最近は、取引開始前の秘密保持契約の締結はめずらしくありません。

しかし、実際に、営業秘密の漏えいが問題となった場合に、その責任追及を行い、その損害を回復するのは容易なことではありません。

そもそも、営業秘密とは何かというところから考えてみましょう。

2.不正競争防止法の営業秘密

営業秘密の保護を図る法律の代表例として、いわゆる不正競争防止法があります。不正競争防止法において、「営業秘密」とは、「秘密として管理されている生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上又は営業上の情報であって、公然と知られていないものをいう。」と定義されています。

顧客名簿や技術情報など、一見、営業秘密に該当しそうな情報であっても、社内で「秘密として管理されて」いないものは不正競争防止法上の営業秘密に該当しません。

重要な情報を一定のアクセス制限の下で管理しているような事実がなければ、不正競争防止法による保護を受けることが困難になります。従業員であれば誰でも容易に持ち出せるような管理をしながら、情報流出後に、責任追及したいと思っても手遅れなのです。

3.秘密保持契約の限界

不正競争防止法上の営業秘密に限らず、秘密保持契約書上で、一切の情報に秘密保持義務を課するとしているケースもめずらしくありません。この場合、不正競争防止法上の営業秘密に該当せずとも、秘密保持契約に基づく契約違反という追及ができるため、有効であるようにも思えます。

しかし、現実に、営業秘密が漏えいした場合に、その具体的経路を立証し、さらに秘密漏えいによる損害額を立証するのは容易ではありません。また、一切の情報を秘密にするという契約は情報管理の前提としての情報の選別の視点を欠いており、情報管理の実効性に疑問が残ります。

4.情報管理体制の構築による戦略的な経営管理

営業秘密の保護が容易ではないとしても、企業に存在する営業秘密を守らなければなりません。実際に秘密にすべき情報を保護するポイントは、秘密保持契約の締結のみならず、秘密保持のための情報管理体制を適切に構築することにあります。

パソコンや資料の管理をいかに行うか、秘密保持についての役職員に対する訓練をいかに行うか、そして、秘密保持に値する情報とそうでない情報をいかに区別するか、という経営的な判断が必要です。

営業秘密の漏えい事件の裁判例を念頭に、秘密に値する情報を識別し、役職員を訓練し、秘密保持契約の締結のみならず秘密情報の漏えいを防止する体制を構築することが、営業秘密の保護のための戦略的な法務といえます。

また、適切な経営判断やリスク管理の前提は正確な情報です。営業秘密の保護のための情報管理にとどまらず、リスク管理の前提となる情報の収集を含めた適切な情報管理体制の構築が、戦略的な経営管理の第一歩といえるでしょう。

プロフィール

島村法律会計事務所 弁護士・公認会計士 島村和也
[所属・役職]
島村法律会計事務所 代表
[略歴]
平成07年10月 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
平成10年02月 公認会計士登録
平成16年10月 弁護士登録
平成16年10月 阿部・井窪・片山法律事務所入所
平成20年03月 島村法律会計事務所設立 代表 就任(現任)
平成20年06月 (株)ソディックプラステック 監査役就任
平成20年07月 (株)スリー・ディー・マトリックス 監査役就任
平成24年07月 (株)スリー・ディー・マトリックス 取締役就任(現任)
[著書・論文等]
「会計不正のはなし」(共著、中央経済社、2013年)
「企業法務担当者のためのIFRS」(共著、『ビジネス法務』連載、2011年5月号~2012年4月号、中央経済社)
「IFRSで企業法務が変わる」(共著、中央経済社、2010年)
「企業防衛のリスク管理」(『クオリティマネジメント』2006年3月号、日本科学技術連盟)

[バックナンバー]戦略的企業法務のすすめ(臨床法務から予防法務・戦略法務へ)

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正を契機としたISOの活用方法
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年8月21日付
  • NCD、ネット広告枠、サイトで売買、好みのメディア選べる
  • 在庫管理、無人で安く PALが倉庫にロボ
  • バイオマス発電所新設 エフオン、20年メド2カ所
  • ダイセル・エボニック 自動車の軽量部品製造 コスト6割減
  • ペットのトイレ、12時間消臭 室内犬用 ユニ・チャーム

経営喝!力 ビジネスIT活用index