NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>ソーシャルメディアリスクの脅威と対策

ソーシャルメディアリスクの脅威と対策

コントロールソリューションズ株式会社 代表取締役 公認会計士 佐々野 未知

第3回ソーシャルメディアリスクの脅威と対策

リスクはわかったけど、どうすれば良いのか?今回は、ソーシャルメディアリスクへの対応策をみていきましょう。

1.リスクに対する対応策と優先順位

対応策を考える場合、リスクの特性を考慮して優先順位をつけることが非常に重要です。一般にリスクを影響度と発生可能性で分類すると、対応策は以下のように表され、右上にいくほど優先度が高くなります。

ソーシャルメディアリスクの場合、保険による移転はできませんし、従業員等による利用を回避することもできません。情報の拡散性・影響の大きさを考えると受容もなじまないでしょう。よって「低減」つまり社内ルールの策定や従業員への教育が必要なのです。

次に情報発信者を、企業自身(企業アカウント)、従業員、第三者の三種類にわけて、影響度「情報の機密性・過激性」と発生頻度「リスクに対する意識レベル」を検討することによって、優先度を考えてみましょう。

「企業自身」は、会社としての情報発信であるため影響度は高いですが、不適切なメッセージを発信しないという意識レベルが高いため発生頻度は低くなります。「従業員」は自社の機密情報を有するものの、個人アカウントの場合発言内容に関する意識レベルが低くなります。「第三者」は機密情報を有しないものの、企業に対する不満があると発言が過激になり積極的に公開する行動をとります。

自社アカウントをもたない企業は存在しても、従業員がいない企業は存在しません。対応策は「従業員」から着手する必要があるでしょう。

2.ソーシャルメディアの利用に関する社内ルールを決めよう!

社内ルールには、全従業員向けのものとアカウント運用担当者に対するものがあります。

まず、全従業員向けの「ソーシャルメディアの利用に関する基本方針」は、個人のアカウント利用も対象として、ソーシャルメディア利用に関する望ましい行動規範を定めるものです。従業員の誓約書提出や遵守しなかった場合の責任、ペナルティが含まれる場合もあります。

「ガイドライン、Q&A」は、ソーシャルメディアの個別機能など具体的に、行って良いことや悪いことを示したもので、これがあって初めて実際の従業員の遵守が促進されます。

「ソーシャルメディア運用マニュアル」は、運用責任者、アカウント開設手順、発信内容や頻度、運用時間、返信への対応、問題が発生した場合の対応といった実際の運用手順をマニュアル化したものです。

次回最終回は「継続的な監視やチェック、従業員教育はどのように行うか?」をテーマに解説します。

プロフィール

コントロールソリューションズ株式会社 代表取締役 公認会計士 佐々野 未知
[所属・役職]
コントロールソリューションズ株式会社 代表取締役 公認会計士
[略歴]
上智大学経済学部卒業。大原簿記学校講師、青山監査法人(当時)勤務を経て1998年KPMGニューヨーク事務所に入所。2002年以降はKPMG東京事務所(現あずさ監査法人)にて外資系企業の法定監査、 デューデリジェンス、GAAPコンバージェンス、SOX法対応支援業務等を担当。退所後は2006年2月に株式会社Bizコンサルティング(合併後、現コントロー ルソリューションズ㈱)を設立、現在は同社の代表取締役。内部統制やリスク管理に関して多くの企業の指導に関わるほか、執筆、講演会、セミナー等も行っている。
私生活では2児の母親として子育てに奮闘中。
[著書・訳書など]
「フローチャート式ですぐに使える内部統制の入門と実践」「内部統制の評価・活用ノウハウ ムリ・ムダ・ムラをなくしてIFRSs、ERMへ展開」(いずれも中央経済社)他。
[URL]
http://www.c-solutions.jp

[バックナンバー]ソーシャルメディアリスクの脅威と対策

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法

経営喝!力 ビジネスIT活用index