NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>ビル管理におけるメンテナンス費用削減のポイント

ビル管理におけるメンテナンス費用削減のポイント

株式会社S.T.S 取締役営業部長
平井 迅

第4回モチベーションが上がるコスト削減

コスト削減とは何なのか

基本的に会社としてみれば削減すれば利益につながるもの。
しかし、会社本来の目的とはコスト削減だけに固執せず売り上げを増やし利益を追求する形が望ましい。
コスト削減には限界があり極端にコストを下げるとなれば品質の低下を招かざるを得なく、ビルメンテナンスを行う会社としてみてもそれは同じであり、またモチベーションも下がってしまうだろう。
適正な作業によって適正な価格に正すことがコスト削減の本来の姿だ。
近年コスト削減を謳う会社も増えてきているが、ビルメンテナンス業界であれば、大手管理会社は下請けへ圧力をかけることでそれを成していくだろうし、実際のメンテナンスを行う末端企業であれば状況にもよるが作業工程を減らしたり、変えたりして低品質なサービスを提供していく事を検討せざるを得ないだろう。
しかし、それでは業界全体が縮小してしまい業界の活性化には繋がらない。
本来コスト削減しなくても納得がいく充実したサービスや新しいアイテム(方法)を手に入れる事ができれば価格競争に巻き込まれずに済むのではないだろうか。

images_06.jpg

新たなサービスを時代は受け入れてくれるのだろうか

一旦下がってしまった金額はそうそう変えられないと言われている。
顧客の心理として建物の維持管理費の高騰はより価格の低い会社、同じ価格でもより納得のできるサービスを提供してくれる会社へと考えるようになり、他の管理会社が接点を持つ機会となりえるだろう。
しかし、その機会を価格を下げる事(それにともなう品質の低下)によってのみ得るというのでは業界全体の縮小を招くだけである。
私は業界を新しい形に変革したいと思っている。
高品質なサービスを提供しお客様に喜ばれ誰もがビルメンテナンス業界に就職したいと思われるようなそんな業界に心底変えたいと思っている。

今こそ「情熱」が必要だ

私はこの業界が夢を追う事に熱心な業界になりえるかもしれないと考えている。
この業界で働いている末端企業の人間には非正規雇用者いわゆるアルバイトも多い。
アルバイトの中には学生・就職活動中の者・何がやりたいかわからなく自分探しをしてる人、夢追い人などが居る。
この中でも夢追い人の中にはミュージシャンや役者を目指すものも多く、情熱を持った人間が多いのも事実だ。
今後は少子高齢化の中、限られた若い人材の中で会社を牽引できる人材の確保にはどの業界も頭を悩ませていくのではないだろうか。
今も昔も企業が求めている人材は自ら考え行動し、責任を持ち、成し遂げる事ができる人で、そうした人材に必要なのはやはり情熱である。
情熱があれば何にでも積極的に挑戦し成果が出れば達成感を味わう事ができるだろう。
又、温かく見守ってくれる上司や頼れる先輩がいることによって人は成長できるのではないだろうか。
トップが現場に出てすべてを判断し決定してしまえば従業員はすべて「YES」と言わなければならない。
従業員が育たないのは責任を与えていないからなのだ。
私が参加している異業種交流会での理念は「与えるものは与えられる」という物だ。
誰かに何かをもらいたいなら先にあなたが誰かに与えよという考え方で従業員の成長を求めるならば不安な要素があったとしてもチャレンジさせることが重要である。
その見返りとして従業員が成長し他の案件でも活躍する場が増えることで会社としての業績も上がっていくのだろう。
話が逸れてしまったが情熱を持った人材はとにかく何かを成し遂げようと考えている。
彼らが持っている情熱を業界に向け、それを起爆剤として新しい発想が生まれればこんなに楽しいことは無いだろう。
それが「この業界が夢を追う事に熱心な業界になりえるかもしれない」と考える理由である。
そして今まで考えもつかなかった事がスタンダードとなり、また新たな時代が切り開かれるだろう。

費用を抑えるだけのコスト削減には限界があり、業界を縮小させモチベーションを下げてしまいかねない。
社会全体を考え、お互いのモチベーションが上がるようなコスト削減を可能にしていくための新しい発想を生むにはミュージシャンや役者を目指す夢追い人のような情熱を持った人材をいかに雇用しタッグを組んでいけるかが鍵になるのではないだろうか?
私がここで言いたかったことは、業界を縮小させずモチベーションが上がるコスト削減の可能性である。
最後に4回に亘ってビル管理におけるコスト削減について考察してみたが、お読みになった方のうちお一人にでも新たな気づきがあれば筆者として幸いである。

プロフィール

株式会社S.T.S 取締役営業部長
平井 迅
[所属・役職]
株式会社S.T.S 取締役営業部長
[略歴]
1996年 高校卒業後、有限会社埼玉都市計画サービス(現 株式会社S.T.S)に入社。
1998年 音楽レーベル「打壊レコード」設立
2003・2005年 NGO団体「ピースボート」に乗船。
2006年 10年間の現場作業を経て営業職に転換。ハウスクリーニング技士 取得
2008年 ビルクリーニング技能士 取得
2009年 IICRC カーペットクリーニングテクニシャン 取得
2011年 建築物環境衛生管理技術者 取得
2013年 IICRC コマーシャルカーペットメンテナンス 取得
[URL]
株式会社S.T.S

[バックナンバー]ビル管理におけるメンテナンス費用削減のポイント

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月27日付
  • 金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
  • クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
  • コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
  • 三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
  • アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機

経営喝!力 ビジネスIT活用index