NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>実例でわかる特許・意匠・商標

実例でわかる特許・意匠・商標

ノースブルー国際特許事務所 代表弁理士
駒津 啓佑

第4回知的財産権の活用を改めて考えてみる

前回までは、「特許権」、「意匠権」、「商標権」のそれぞれの権利について簡単な実例をお話してきました。

それぞれの権利にはそれぞれ特徴があり、保護したいモノに応じた権利を使う必要があることは何となくでも感じていただけたと思います。しかし、「権利の活用」という意味ではどの権利であっても基本的な考え方は変わらないと考えています。

ということで、最終回の第4回目である今回は「知的財産権の活用」についてお話ししていきたいと思います。

早速ですが、改めて考えてみてください。権利を活用している状態とはどういう状態のことなのでしょう。

きっといろいろあるとは思いますが、一般的に考える権利の活用とは、大きく分けると以下の2つではないでしょうか。

images_10.jpg

私もいままで「権利の活用」について様々な分野やキャリアの方々とお会いしながら検討・活動をしてきましたが、この2つのアプローチだけではある程度の限界を感じたんです。

差し止めなどはそもそも侵害が発生する(権利範囲に入る商品が販売されていることに気が付く)ことが条件であって、権利を活用したいタイミングに合わせて侵害事件があるというモノではないですよね。予測性や主体性に欠けます。

次に、権利の直接的なマネタイズ(金銭化)で権利を活用しようとするとき、考えをめぐらせていくと高い確率でパテントトロール(略してトロールと言うときもあります。)に行き着いたんです。トロールというのは一般的に、自社では実施しない権利を譲り受けて、譲り受けた権利の侵害になりそうな会社にライセンスを申し入れたりしながら権利をマネタイズする会社なんです。ある意味すごく合理的なマネタイズ方法なのかもしれませんが、自分がやりたいことは「開発者さんにモノ作りに専念できる世の中を作ること」であるという原点を考えると、トロールがやりたいわけではない。

以上のことをふまえて別のアプローチを考えると、「権利の活用」についていまやれることとしてコンサルティングがよいのではないかという考えにいきつきました。つまり、「権利が活用できている状態=権利に関するモノが売れる。=権利が生きている状態。」という流れが作れれば、「結果として」権利が活用できているということになると気が付いたんです。押してダメなら引いてみろ!みたいなものでしょうか。

モノ作りのマネタイズまでのとてもおおざっぱな流れは、「発想→開発→量産化→販売→売れることによってやっと現金化」ということになりますが、この流れは銀行系や証券系、会計系の人たちには遅く感じるらしいんです。

しかし、時間を早めることはできてもモノ作りやブランディングのアプローチ自体を変えることは難しく、「権利が生きている状態」にすることがある意味「権利の活用」の一番直接的で最速のアプローチなのではないかというのが今現在考えていることなんです。

つまり、「権利の活用」の新しいアプローチをまとめると以下のようになるのではないかと思うわけです。

images_11.jpg

1.は具体的には販促(販売促進)の類です。独自技術をうまくアピールしたり、売れるであろう業界につなぐことによって販促を行い、結果として権利を活用していこうというアプローチです。

活動していて改めて感じましたが、物売りの人は技術などに疎いことが多く、技術の人は物売りに疎いことが多い。一方で、我々弁理士は技術やブランディングに対する想いを理解しながらその強みを他人に説明する(伝える)仕事なのだとしたら、物売りと技術の両者をつなぐ立場に立ちやすいのではないかと感じているわけです。がんばれ弁理士!

2.は一見難しそうですよね。誰も未来はわかりませんから。しかし、かの有名なドラッカーさんは未来を知るための方法として「すでに起こった未来を見ること」と「自分で未来をつくること」を挙げています。

たとえば「青色発光ダイオード」というモノが少し前に話題になりましたが、このような望まれていたがなかなか実現できなかった技術は、開発できさえすれば必要とされることは十分にわかるので、「すでに起こった未来を見ること」と言えるでしょうし、開発行為自体が「自分で未来をつくること」とも言えるのではないでしょうか。

もっとも、ここまでのモノは極めて珍しいケースではありますが、世の中にはまだまだ不便していることは多いものです。この不便を解決できれば同じようなことが起こります。シンプルな例としては「主婦の発明」で大ヒットしたものなんかはまさにいい例と言えるでしょう。

昔から言われている「必要は発明の母」という言葉は「権利の活用」に関しても十分に適用可能な言葉だと思えるのです。皆さんの周りに必要とされていることはありませんか?意外に営業さんは現場でお客様からそういったニーズを聞いているのではないでしょうか?今一度見直してみることも一つなのではないかと思います。

「自分で未来をつくること」を難しく考えすぎてはいませんか?「こういうモノがあったら便利なはず!」「こういう風になったらいいのに!」という開発の方の想いをさらりと受け流してはいませんか?今一度開発の方の想いに耳を傾ける機会を持ってみるというはいかがでしょうか。

「権利の活用」については上に挙げたアプローチの他にも、共同開発の場面や、事業承継の場面などでの活用も考えられますが、残念ながらそろそろページがいっぱいになってきてしまいました。これはまた別の機会に。

4回という少ないコラムではありましたが、権利についてなるべくイメージしていただけるようなお話をしてきたつもりではありますがいかがだったでしょうか。

世に出るべき技術やブランドがきちんと世に出る仕組み作りはまだまだ道半ばですが、今回のお話が1つでも皆さんにとって知財を使った新しい視点作りのきっかけになればうれしいです。

それでは、いつかまたお会いできるときまで。ありがとうございました。

プロフィール

ノースブルー国際特許事務所 代表弁理士
駒津 啓佑
[所属・役職]
ノースブルー国際特許事務所 代表弁理士
[略歴]
2000年~2001年 ネットワーク管理補助業務に従事
2003年 情報セキュリティアドミニストレータ試験合格
2004年 東京理科大学卒業
2004年~2006年 国内中規模特許事務所勤務
大手企業のIT、ネットワーク、画像処理、自動車、半導体関連特許の弁理士補助業務に従事
2006年~2012年 国内小規模特許事務所勤務
2009年 弁理士試験合格
大手企業から個人までの特許・意匠・商標の弁理士業務・補助業務に従事
2011年4月~2013年3月 日本弁理士会 知的財産価値評価推進センター
2012年~ 前所長弁理士から事務所を承継し、事務所経営
侵害事件・ライセンス交渉などを含めたコンサルティングまで業務拡充。
弁護士、税理士、会計士、コンサルタントなどの他業種専門家との提携を深める。
2013年 事務所移転より事務所名称変更。
ものづくりとブランディングについてどんな相談に対しても解決策を提示できる事務所を目指して活動中。

[バックナンバー]実例でわかる特許・意匠・商標

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正を契機としたISOの活用方法
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正の背景と意図

日経産業新聞ピックアップ

2017年10月24日付
  • フィットビット、日本で企業向け開拓 まず三菱自健保向け健康管理
  • 星明かりでも高感度撮影 キヤノン、ネット対応カメラ
  • ゴム、輪状化合物で強く 東工大
  • 日本ガイシ、低レベル放射性廃棄物の重さ50分の1に
  • 世界のEV普及、2025年から加速

経営喝!力 ビジネスIT活用index