NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>商標法(トレードマーク)の最前線!

商標法(トレードマーク)の最前線!

駒澤綜合法律事務所 弁護士 松澤功

第3回先に商標登録されてしまったときの対処法

1.はじめに

第1回の表1表2のとおり、原則として、登録された商標と同一または類似の商品・サービスについて、同一または類似の商標を使用することはできません。

では、特定の商品・サービスについての商標について、自分以外の人が自分より先に商標を取ってしまった場合に、その商品・サービスについてその商標を合法的に使用する余地はあるのでしょうか?

方向性としては、主として次の2つが考えられるでしょう。

images_08.jpg

それぞれについて検討してみましょう。

2.商標登録自体を争う方法(1):登録異議の申立て

この方法は、一定の場合に、特許庁に登録を取り消してもらうべく、その商標が登録されたこと自体について異議の申立てをするものです。利害の有無にかかわらず、誰でも申し立てることができます。

例えば、

  • 1.商標登録の色々な要件を満たしていないのに登録された場合
  • 2.その登録が条約違反である場合

などの場合があります。

ただし、この登録異議の申立ては、商標掲載公報の発行の日から2か月以内という非常に限られた期間に限られています。ですから、その商標が登録されたことに気付かないまま期間が過ぎてしまうこともあります。

3.商標登録自体を争う方法(2):登録無効審判の請求

そのようなときに使えるのが、特許庁に対する登録の無効の請求です。

その商標登録について利害関係がある人が請求することができる手続きで、商標法上、無効となる事由が定められています(例えば、上記の登録異議申立事由がある場合や、登録後に一定の登録要件を満たさなくなった場合など)。

4.商標登録自体を争う方法(3):登録取消審判の請求

また、一定の事由があるときは、特許庁に請求して登録を取り消してもらうことができます。例えば、商標登録継続して3年以上、正当な理由なく国内で使用されないままの状態である場合などが取消事由となります。

この請求は、誰でも請求することができます。

5.商標登録はそのままで使用する方法(1):先使用権

上の3つの方法は、いずれも商標の登録や使用方法自体に問題があるときにはじめて問題になるものです。これらの問題がない場合は、登録自体を争うことは難しいでしょう。

そこで、次に、先使用権の主張をすることができます。

この権利を簡単にいうと、「そっちが登録するより先に、こっちもその商標を使用していてブランド化できていたんだから、引き続き使わせてよね。」ということができる権利です。

ですから、この先使用権を主張するためには、次の要件が必要になります。

images_09.jpg

6.商標登録はそのままで使用する方法(2):使用権の設定

商標権者から、使用権の設定を受けるという方法があります。商標権者と交渉し、契約をして商標を使う方法です。実際のところは、これが一番オーソドックスな方法といえるでしょう。

この使用権は、専用使用権と、通常使用権とがあります。

images_10.jpg

7.その他の手段

その他にも、サービスについての商標登録制度がスタートして半年後の 平成4年10月1日より前に使用されていたサービスについての商標について、一定の救済措置(継続的使用権)もあります。

8.小括

このように、様々な可能性がありますので、商標が先に登録されていたからといって、すぐに諦めずに、何とか使用できる可能性がないか、検討してみてはいかがでしょうか?

images_11.jpg

プロフィール

駒澤綜合法律事務所 弁護士 松澤功
[所属・役職]
駒澤綜合法律事務所 弁護士
[略歴]
1984年 アメリカ合衆国ワシントン州生まれ
埼玉県出身
慶應義塾大学法学部法律学科卒
日本大学大学院法務研究科卒
はるか法律事務所(埼玉県さいたま市)を経て、現事務所に入所
現在、
NPO法人東日本事業支援機構
一般社団法人日本経営管理協会
中小企業活性化支援協議会
Lawyers Network for Foreigners
等で活動中
[講演、セミナーなど]
事業者支援法律セミナー(連続)
法律セミナー「弁護士は見た!」シリーズ
[URL]
駒澤綜合法律事務所

[バックナンバー]商標法(トレードマーク)の最前線!

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月23日付
  • ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
  • 日本工営、福島で小水力発電所
  • IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
  • 東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
  • ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開

経営喝!力 ビジネスIT活用index