NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>地域を支え、未来を切り拓く「チェンジ戦略」

地域を支え、未来を切り拓く「チェンジ戦略」

株式会社インキュベクス 代表取締役 上村隆幸

第4回「医療・看護ビジネス」で必要な営業力とは?

「チェンジ戦略」と「SECIモデル」

さて、いままで3回にわたって医療・介護分野の「チェンジ戦略」に関する話しをしてきましたが、最後にチェンジ戦略を実践するための手法の一つである「SECIモデル」と、「チェンジ戦略」を支えるICTの話しをさせていただきます。

実は、今まで見てきた「チェンジ戦略」におけるより良いコミュニケーションと合意形成の場の作り方は、「SECIモデル」そのものです。

「SECIモデル」とは、一ツ橋大学大学院の野中郁次郎教授が提唱した理論であり、暗黙知を形式知に変え、社員一人ひとりの知識を組織全体の知識・企業全体の知識・ノウハウへ移行していこうとする考え方のことです。

images_03.jpg

つまり、日々積み重ねられる「チェンジ戦略」は、その時その時で「蒸発」させてはならず、それをかならず言語化して「蓄積」して「共有」し、日々「更新」していかなければならないのです。

そして、この一連の「SECIモデル」を支えるのが、ICTです。

チェンジ戦略を支えるICT

例えば第2回で紹介した「訪問看護ステーション」では、訪問履歴や服薬状況や病状といった看護記録が入力・蓄積されており、随時参照も可能なため、利用者の状況の変化等を主治医に報告、連絡し、早期のフィードバックを得られることから訪問時に適切なケアができるようになっています。

また多職種間の連携においては、ICTによって過去の記録に基づく適切なサービスを提供することができます。たとえばテキストマイニングや音声入力機能等の活用によって利用者本人が口にした言葉を直接記録し、その情報を関係者と共有することで、利用者本人を主人公とした看護目標や目的を、チーム全体で掲げることができるようになります。

images_04.jpg

医療・介護の現場で利用されるICT具体例

そして「医療・介護」の分野の人材活用業において、今後もっともICTの活用が期待される分野は「人材教育」の場面です。

たとえば、現在、看護師のうち訪問看護を経験したことのある者の比率は5%以下と非常に少なく、その教育は困難を極めます。

そこでICTの活用により知識共有の機会を爆発的に広げ、これまで以上に多くの訪問看護師を育成することが期待されているのです。

ICTの導入により蓄積された看護記録やマニュアルを共有することはもちろん、訪問看護向けに整備されたアセスメント・プロトコルといった国内では極めて先進的な知識についても、瞬時に、すべての地域へと共有・拡散できます。こうした教育ツールとしてのICT利用が注目を浴びているのです。

医療・介護分野における人材活用業の持つ可能性

弊社がこれから目指す目標の一つであり、実際にSECIモデルを実践しているモデルケースといえるものが、世界的にも注目を集めるオランダの訪問看護団体、ビュートゾルフです。

ビュートゾルフは、最大12人の地域ナースによる自律型チームを最小単位として組織が構築されています。この組織こそ、課題や知識の共有とフィードバックを繰り返すSECIモデルの良い実践例といえるでしょう。

そしてビュートゾルフの自立型チームを支えているものも、まさにICTであり、各チームのメンバーの日々の看護記録を元にあらゆる情報を共有し、内外での連携を円滑に進めています。

images_04.jpg

私たちインキュベクス株式会社も、まずは支援先ステーションでのICT化とSECIモデルの推進を行い、それを起点に調剤薬局や介護事業なども巻き込んで、いわば「日本版ビュートゾルフ」を推進してまいります。

そして来るべき超高齢化社会における人々の幸せに貢献したいと思っております。

プロフィール

株式会社インキュベクス 代表取締役 上村隆幸
[所属・役職]
株式会社インキュベクス 代表取締役
[略歴]
1965年神奈川県横浜市生まれ、産業技術大学院大学在籍。
この3年で450拠点の「訪問看護ステーション」の開業・運営業支援を手掛けている。
1998年起業コンサルタント業開始。以来2500社を超える起業支援を手がけ、在宅医療へと大きく変化する日本において「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりに尽力する。その一環として「訪問看護ステーション開業支援」を開始し、現在支援先数は、2年間で350社を超えるまでに成長させる。「年金の範囲内でも暮らせる空き家活用で良質な医療介護を受ける空間づくり」も全国で支援する。
幸福な超高齢社会の将来ビジョンに向け、民間企業が活躍するビジネスモデルの研究、開発、拡張に精力的に取り組む。
2014年著書に「営業マンよ出かけるな!」、「新極真空手とリーダーシップ」がある。
[URL]
インキュベクス株式会社

[バックナンバー]地域を支え、未来を切り拓く「チェンジ戦略」

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正を契機としたISOの活用方法
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年8月21日付
  • NCD、ネット広告枠、サイトで売買、好みのメディア選べる
  • 在庫管理、無人で安く PALが倉庫にロボ
  • バイオマス発電所新設 エフオン、20年メド2カ所
  • ダイセル・エボニック 自動車の軽量部品製造 コスト6割減
  • ペットのトイレ、12時間消臭 室内犬用 ユニ・チャーム

経営喝!力 ビジネスIT活用index