NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>企業体力向上のための知的財産活用の視点

企業体力向上のための知的財産活用の視点

今知的財産事務所 弁理士 今 智司

第1回知的財産が『事業』に役立っているか?

1. 知的財産は重要?

特許権や商標権等の知的財産があると「市場を独占できる」とか、「他社の模倣を排除できる」とか、耳にしたことがあると思います。だから「知的財産が重要だ」と言いたいところですが、「特許だけでは市場を独占できないよ」とか、「権利を持っていても金がかかるばかりだよ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

知的財産は重要なのか? 重要ではないのか? 結局のところ、自社にとって知的財産がどのような意味で重要であるかについて、実はよく分からない。だからこそ、知的財産をうまく使えないとか、知的財産は無意味だと考えるのだと思いますし、その一方で知的財産の重要性について認識してはいるが、どのように考えたらよいのか悩んでいる方々もいるでしょう。

そこで第1回では、そもそも知的財産を考える際に落としてはならない視点について話したいと思います。

2. 知的財産のための知財活動になっていないか?

知的財産って本当に重要なの? と考えてしまうのはなぜでしょうか?
結論から言えば、知的財産が事業上(ビジネス上)の課題の解決に結びついていない、もしくは結び付けようとする意識が希薄だからです。

例えば、これは良い技術だから特許権を取得するとか、内容はともかく特許権の数は容易に把握できるので、いかに件数を多くするかに目が行きやすくなり、実際は事業上の課題とは無関係の発明でも権利が取れさえすればよい、ということになりがちです。
良い技術について権利を取得することや権利の数が多いことを悪いとは言いません。が、このような状態は必ずしも「事業」と密接に結びついているとはいえず、権利取得のために知財活動をするという状況になっていないでしょうか。
野球でいえば、四番バッターばかり集めても、必ずしも試合で勝てるとは限らないのと同じです。チームが目指す方向性に適合するように選手を組み合わせ、使い方を考えなければなりません。
知財担当者からすれば、出てきた成果を権利化しているのだからそれでいいじゃないかとなりますが、企業全体から見れば全体最適につながるとは限らないのです。

3. 知的財産と事業との関係を考えているか?

事業での課題に根差した知財活動はどうでしょうか? 事業をサポートするように知財活動をするのであれば、知的財産のために活動するというようなことには陥りません。

例えば、事業上の課題が「低価格を競争力の源にしたい」である場合はどうでしょう。この場合、競合より低コストで製品を提供できるシステム構築が必要です。すると、以下の図のような、ビジネスの一連の流れを考えることになります。

images_01.jpg

他社より低価格にするためには、この一連の流れのどこかで工夫する必要 があります。その工夫から知的財産が生まれることもありますし、生まれた知的財産を特許権等に仕立て上げることができれば、他社はその部分については模倣できません。また、生まれた知的財産を社内や社外に対してどう使えばコストを低減できるのかを考えることになります。さらに、その工夫には技術ノウハウが関係するかもしれません。技術ノウハウを営業秘密として管理すれば、特許権等の権利がなかったとしても、他社は簡単には模倣できませんし、他社が技術ノウハウにたどり着くまでかなりの時間がかかります。その間に自社は、顧客認知度を向上させる手段を取ることができます。

また、「新規製品により顧客を振り向かせたい」という事業上の課題があるのであれば、製品開発やコンセプト創造に重点を置いた社内システムの構築と、新規製品の認知度獲得の仕組みとが必要です。
その場合、新たなコンセプトを生み出す仕組みを作ったり、社外にアイデアの種を求める必要があります。新規製品に関する特許権等の権利はもちろんのこと、社員が積極的にアイデア出しをする仕組みを整えた場合、その仕組み自体が自社にとっての立派な知的財産になります。

4. 事業上の課題の解決に知的財産を用いているか?

結局のところ知的財産は、経営上(事業上)の課題解決に役立つものでなければあまり大きな意味をなさないのです。
単に新しいもの、面白いものを考えたから特許や商標を取ろうとか、周囲が特許ぐらい取っておいた方がいいよというから特許を取ろうとか、そのような状態では資源の無駄遣い(権利取得・維持には相応の費用がかかります)、あるいは、知識の垂れ流し(原則として特許出願した内容は出願公開により全世界に公開されます)になりかねません。

事業上の課題として、売り上げを向上させたい、知名度を上げたい、他社と連携したい、コア技術を作りたい、市場開拓したい、市場シェアを伸ばしたい――.いろいろあります。それらの課題のどれに取り組むのか? そのためにはどのような戦略が必要か? これら考えて焦点を絞り、課題解決に知的財産がどのように役立つのか、どのように役立てればよいのかを考えて知財活動に取り組むことで、企業の市場における競争優位性が向上し、企業体力が向上していきます。

とはいっても「うちには知財なんかないよ」という声が聞こえてきそうですね。本当にそうでしょうか? 知的財産、実は皆さんの足元に転がっていたりします。次回はその点についてお話しします。

プロフィール

今知的財産事務所 弁理士 今 智司
[所属・役職]
今知的財産事務所 代表弁理士
[略歴]
1997年 早稲田大学 理工学部 応用化学科卒業
1999年 早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻(無機化学)修了
1999-2004年 企業にて発光ダイオードの研究開発に従事
2004-2010年 国内特許事務所 勤務
2011年 今知的財産事務所 設立
2012年 東京理科大学大学院 イノベーション研究科 技術経営専攻修了

主に中小・ベンチャー企業、中堅企業の外部知財部として活動中。特許、実用新案、意匠、商標の権利化手続・係争の他、著作権に関する相談、コンセプト創造に基づくアイデア創出支援やコンサルティングも行っている。
[主な講師歴]
2011年度
日本弁理士会中国支部『弁理士による「知財経営コンサルティング」』研修講師
2012-2014年度
公立大学法人首都大学東京 KADEN Project 知的財産講義 講師
2012-2014年度
東京都立産業技術高等専門学校 非常勤講師(知的財産法)
2014年度
UNITT Annual Conference 2014 日本弁理士会協賛セッション(1)
基礎講座 知的財産 スピーカー
2014年度
財務省税関研修所「平成26年度知的財産委託研修(基礎コース)」東京会場講師
[URL]
今知的財産事務所

[バックナンバー]企業体力向上のための知的財産活用の視点

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法

経営喝!力 ビジネスIT活用index