NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>企業体力向上のための知的財産活用の視点

企業体力向上のための知的財産活用の視点

今知的財産事務所 弁理士 今 智司

第3回社外に対する知的財産の様々な効能~「権利」の効果的な使い方~

今回は、主に特許権や商標権等の法定の権利を有している場合に、その「権利」をどのように使っていけばよいのか、特に、社外に対する使い方の視点についてお話しします。

1. 基本的な知的財産権の効力

さて、身の回りにある知的財産の「種」から知的財産を育て上げ、そして、特許権等を取得できた場合、その「権利」をどのように使えばよいのでしょうか。
最も基本的な効力をまず押さえておきましょう。

特許権等の知的財産権には、

  • (1)他人の実施を排除できる効力(排他権としての効力)
  • (2)権利者が知財(特許発明等)を独占的に実施できる効力(独占権としての効力)

という基本効力があります。

このような効力があるので、特許権等を取得すると一般的に「市場を独占できる」といわれるのです。
逆に、ビジネスに用いる製品やネーミング等に他人の権利があるかどうかを予め調査せずにビジネスを行うと、ビジネスを進めている最中に、権利を有する他人から差止請求や損害賠償請求される場合があります。
したがって、ビジネスをする場合、自社の知的財産の権利化だけでなく、予め他社の権利があるかどうかを調査することが重要です。

では、排他権があるから、独占権があるからといってビジネスが必ずうまくいくのでしょうか?

2. ビジネスで知的財産権の効力を有効活用するための視点

誤解を恐れずに言えば、知的財産権だけでビジネスがうまくいくということは多くはないと思います。創薬等の限られた分野では特許権等が強力に効きますが、他の分野では知的財産権だけでビジネスは回りません。知的財産権をどのように使うのかが重要です。

では、どのような視点が必要なのでしょうか?

まず、ビジネスの流れを考える必要があります。すなわち、自分たちの製品・サービスが顧客に実際に届くまでの流れを考えます。その流れを詳細に検討し、自社が流れのどの部分で他社より優位に立つのか(どこで勝負するのか)?どの部分で顧客に喜ばれる価値を提供するのかを考えます。

つまり、ビジネスの流れのどの部分を自社で行い、どの部分を他者に任せるのか(例えば、開発・製造は自社で、販売は他社で等)、自社で行う業務をどのように実行していくのか(例えば、品質はどう管理するのか等)、他社に任せた業務について、どのようにして自社の意向を反映させるのか等々、ビジネスにおいて自社が力を入れるところ、気を付けることを明確に設計する必要があります。

その上で、自社事業をうまく進めるために、流れのどの部分において知的財産を入れ込み、どの部分において知的財産権を取得するのかを考える視点が必要です。

3. バリューネットを用いた活用方法の見出し方

この場合に、「バリューネット」が有効です。「バリューネット」とは、3C(自社、顧客、競合)に「補完者」「供給者」を加えた概念です。自社を取り巻く環境をつぶさに検討し、知的財産権の使いどころを発見するために有効なフレームワークです。

images_03.jpg

例えば、顧客に着目しましょう。前回お話ししたように顧客のボトルネックを発見することができれば、そのボトルネックを解消する知的財産(例えば、発明)を創出し、特許権等を取得することで、競合に優位に立てます。この場合、自社と顧客との関係だけでなく、顧客と競合との関係や顧客と補完企業との関係にも目配りします。例えば、顧客と競合との関係においては、競合製品に対して顧客が不満(つまり、ボトルネック)を有しているか否かに着目します。

また例えば、補完企業に着目した場合、自社でできない業務を補完企業にしてもらうわけですから、知的財産権を「ライセンス」の視点や「仲間づくり」の視点で使えないかを検討することが有効です。特に「仲間づくり」においては、補完企業の技術を使わせてもらう代わりに自社の技術を使ってもらう、という視点でどのような権利を取得するかを考えなければなりません(場合によっては競合にライセンスすることを考える必要もあるでしょう)。

また、供給企業(原料だけでなく資金も含む)を考えた場合、原料購入時の価格交渉力向上や、いかに銀行から有利に融資を受けるかを考える際に、知的財産権を有効活用できないかを考えることになります。

更に、顧客にもう一度着目すれば、自社製品・サービスを顧客にいかに認知してもらうかも重要です。自社開発技術については特許によって権利化を目指し、製品の顧客に対する認知度を向上させるためにネーミング(ネーミングについては商標権を取得する)を工夫してブランディングの実行を考えることになります。

4. 権利化における注意点

上記のように知的財産権の使い方はビジネスの流れや流れのどこに着目するかによって多種多様なのですが、知的財産権を取得する際の注意点があります。
それは、知的財産権をどのように使うのかを、知的財産権を取得する際になるべく考えなければならない、ということです。
単に新しいものができたから特許権を取得しました、ではうまくありません。どのような目的でどのように知的財産権を使うのかを考えなければ、実際にビジネスに有効な権利を取得できないからです。例えば、特許の場合、特許出願書類の記載内容は、ビジネスに特許権をどのように使うかによってかなり変わってきます。

では、知的財産の効能は社外だけでしょうか?
実は、社内に対しても知的財産は良い影響を与えます。
最終回はその点についてお話します。

プロフィール

今知的財産事務所 弁理士 今 智司
[所属・役職]
今知的財産事務所 代表弁理士
[略歴]
1997年 早稲田大学 理工学部 応用化学科卒業
1999年 早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻(無機化学)修了
1999-2004年 企業にて発光ダイオードの研究開発に従事
2004-2010年 国内特許事務所 勤務
2011年 今知的財産事務所 設立
2012年 東京理科大学大学院 イノベーション研究科 技術経営専攻修了

主に中小・ベンチャー企業、中堅企業の外部知財部として活動中。特許、実用新案、意匠、商標の権利化手続・係争の他、著作権に関する相談、コンセプト創造に基づくアイデア創出支援やコンサルティングも行っている。
[主な講師歴]
2011年度
日本弁理士会中国支部『弁理士による「知財経営コンサルティング」』研修講師
2012-2014年度
公立大学法人首都大学東京 KADEN Project 知的財産講義 講師
2012-2014年度
東京都立産業技術高等専門学校 非常勤講師(知的財産法)
2014年度
UNITT Annual Conference 2014 日本弁理士会協賛セッション(1)
基礎講座 知的財産 スピーカー
2014年度
財務省税関研修所「平成26年度知的財産委託研修(基礎コース)」東京会場講師
[URL]
今知的財産事務所

[バックナンバー]企業体力向上のための知的財産活用の視点

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法

経営喝!力 ビジネスIT活用index