NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>「前もって成功を“設計”しよう!」 医療介護業界未経験の経営者が成功できる「サービスデザイン」

「前もって成功を“設計”しよう!」
医療介護業界未経験の経営者が成功できる「サービスデザイン」

インキュベクス株式会社 代表取締役 上村隆幸

第2回利益も成功も、取り組む前から決まっている

根性ではなくITがビジネスを制する!

前回はビジネスにおける「プロジェクトマネジメント」の重要性についてご説明しました。今回からは具体的な「プロジェクトマネジメント」のコンセプトを追っていきます。

まず、前回もお話ししましたが、「プロジェクトマネジメント」における「肝」は、「事前にしっかりした計画を立案して、事業や施策を遂行する」ことです。

事前に計画し、スケジュールに落とし込み、期日ごとに状況と進捗を管理して、成果を評価する。

こうしたプロセスが欠けてしまうと、「何をやるべきかわからない」「計画が今どうなっているかわからない」「うまくいったのかどうかわからない」といった状態になり、事業はうまく回らなくなるのです。

では、その準備をしっかり行うためにどのようなコンセプトとツールが必要なのか?

それが、今回ご紹介するBSC(Balanced Score Card、バランス・スコアカード)」と呼ばれるものです。

BSCは、プロジェクトを「見える化」する。

BSCとは、もとは事業の業績を「財務」「顧客」「ビジネスプロセス」「学習と成長」の4つの視点から評価するためのシステムですが、事業計画の時点から活用することで、様々な視点から、これから行おうとする事業内容とその計画を「見える化」し、検討することができます。

実際のBSCでは、上記4つの視点ごとに戦略を書き、各戦略の因果関係を記した「戦略マップ」や、それぞれの「重要成功要因」「業績評価指標」「目標」「アクションプラン」を書き込んだ「スコアカード」を作成します。それを使って具体的に「何を」「どう」して最終目標を達成するのかを、考えていきます。

BSCを活用することで、事業開始「前」から社内全体で戦略を連携・共有でき、各部署・各担当の役割分担がより明確にできます。その結果、社内外のコミュニケーションも、より活発でスムーズなものになるのです。

最初の1ヶ月間、ITインフラ構築をやりまくった経営者

私たちが支援している訪問看護ステーションの中にも、このBSCの考え方を導入して、スタート当初に十分な準備を行った事業所があります。

その訪問看護ステーションは、中学時代にITビジネスを起業した小島猛稔さんが率いる東京都北区の「しもふり訪問看護リハビリステーション」。

同ステーションがすごいのは、スタート時に導入されたITツールの数々です。

スケジュール、利用者や関係先にかかわるデータはもちろんのこと、営業目標や対象、営業エリアとそのマップ、目標設定とその管理、経営課題の抽出までが、すべて事業開始「前」にIT化されていました。

着目すべき点は、現在、ステーション内のIT環境を充実させているのは、小島さんではなく、看護師や、OT、STといった現場のスタッフさんたち自身ということです。

小島さんは指針を掲げ、初動の指揮を執っただけで、後はスタッフに任せているのです。

事前にBSCの考え方で事業をうまく回していくためのルールや仕組みをしっかり作ったからこそ可能になったといえます。ルールや仕組みを実現するために、ITが必要だと早期に判断したことで、事業の立ち上げ時に、非常識ともいえる投資を自信を持って実行できたことにつながりました。

もし仮に、準備をしっかりしないで「見切り発車」をしていたなら、ここまでの成長は望めなかったでしょう。

やはり「プロジェクトマネジメント」は綿密な準備が一番大切なのです。

次回は、日常業務の中に潜むムダの減らすためのIT活用について触れたいと思います。お楽しみに!

プロフィール

株式会社インキュベクス 代表取締役 上村隆幸
[所属・役職]
株式会社インキュベクス 代表取締役
[略歴]
1965年神奈川県横浜市生まれ、産業技術大学院大学在籍。
この3年で500箇所以上の「訪問看護ステーション」の開業・運営業支援を手掛けており、こうしたビジネスの研究、開発、拡張を通じて、超高齢社会における幸福な将来ビジョンを描くことを目指している。

1998年、起業コンサルタント業を開始し、以来2500社を超える起業支援を手がける。日本の医療が在宅へと大きく変化することに従い、「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりの必要性から、「訪問看護ステーション開業運営支援」を開始。その支援先は民間企業から介護事業者まで全国500社以上に広がる。また「年金の範囲内でも安心して住まえ、良質な生活を実現する医療介護サービス提供と空間づくり」も全国で支援する。
著書に「営業マンよ出かけるな!」(出版文化社)、連載に「新極真空手に学ぶリーダーシップ」(『月刊人材ビジネス』オピニオン)、「地域を支え未来を切り拓くチェンジ戦略」(『経営活力ビジネスIT活用index』日経新聞社)、「経営ができる看護師になろう!」(『日経メディカルAナーシング』日経BP)など。
[URL]
インキュベクス株式会社

[バックナンバー]「前もって成功を“設計”しよう!」 医療介護業界未経験の経営者が成功できる「サービスデザイン」

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月27日付
  • 金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
  • クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
  • コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
  • 三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
  • アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機

経営喝!力 ビジネスIT活用index