NIKKEI

トップ>企業マネジメント最新トレンド>「前もって成功を“設計”しよう!」 医療介護業界未経験の経営者が成功できる「サービスデザイン」

「前もって成功を“設計”しよう!」
医療介護業界未経験の経営者が成功できる「サービスデザイン」

インキュベクス株式会社 代表取締役 上村隆幸

第4回医療介護は素人の社長でも、看護師を正しく評価・育成

スタッフが太鼓判を押す人事評価制度をつくろう!

さて、「前もって成功を"設計"しよう!」というタイトルでお話ししてきたこの連載も最終回。

今回は、「評価」についてお話ししようと思います。

私たちが開業や運営のご支援をしている訪問看護ステーションでも「評価」やその制度はとても重要。

私たちは「看護師が太鼓判を押す人事評価制度」を支援先に提供することを目標にしています。

「評価」の巧拙は、業績やスタッフのモチベーションに大きく影響するのです。

「評価」は専門職に任せないほうがよい?

訪問看護ステーションの場合、異業種参入の経営者の多くは、「看護をまったく知らない自分が、看護師さんの評価なんか無理」と、不安そうに話します。

でも、心配はいりません。

私たちが訪問看護の開業・運営を支援している500社以上の経営者の中で看護師出身は多くなく、多くの社長さんが医療介護は素人にもかかわらず、専門技術を持った看護師を「評価」し「育成」しています。

いやむしろ、客観的で公平な「評価」を行うためには、専門職に任せないほうがよいと言えるかもしれません。

「技術だけじゃなく総合的に評価すべき」と社長は語った

たとえば、私たちが支援する訪問看護ステーション「愛と感謝の訪問看護リハビリステーションかりや」を率いる広瀬喜朗さんも、ご自身で積極的な看護師の「評価」を行っている"専門外"の社長の一人です。

広瀬さんがまず見るのは技術ではなく、看護師の人間性なのだそうです。

「看護師も人、訪問看護の利用者も人、経営者も人、『人と人』『命と命』のぶつかり合いに上も下もないのだから、関係にも上も下もない。」

このように語る広瀬さんは、とにかく人と人とのつながりを大事にして相手を「評価」しています。

もちろん技術面を軽視しているわけではありませんが、つながりを大事にする広瀬さんのステーションには、結果的に技術面も素晴らしい看護師が集まってくるようです。

「スキルアップして昇給」という"当たり前"を実現する

ただ、このように書くと、「人間性」という不確かなものに頼って経営者が直感に従って評価すれば良いと思われてしまいそうですが、そうではありません。

やはり、そこには客観的で冷静なルールの制定と評価のための方法論があります。

当社も訪問看護ステーションにアドバイスするだけでなく、当社の従業員のスキルや成果が正しくわかるように、一人ひとりの業務を分解する"見える化"を進めています。

そして、どのようなスキルを持ち、どの様な成果が上がったら、どのように評価するというルールを周知徹底するのです。そうすることで、従業員も安心して自らのスキルアップと業績アップに取り組むことができます。

教育・評価の実施や制度導入を支える助成金もある!

そして、「評価」のルールを策定したら、評価を上げるための道筋を示すことも経営者の大事な仕事です。

企業内でのスキル評価や教育制度の整備や実施に対して給付される助成金もあり、実際に社労士の助言を基に申請・給付を目指す私たちの支援先企業もあります。

もし、教育・評価制度を整備するなら、社労士にも積極的に相談してみるとよいでしょう。

たとえばインキュベクスが支援先訪問看護ステーション向けに整備を進めている「HRM」(Human Resource Management/ヒューマンリソースマネジメント)による人事評価制度などを活用することで、従業員が納得してスキルアップに励み、それらを適切に評価できる、教育と評価の仕組みを作り上げることができます。

みなさんもぜひ、事業を始める「前」から、このことを意識してサービスデザインに取り組んでみてください。成功をお祈りしております!

プロフィール

株式会社インキュベクス 代表取締役 上村隆幸
[所属・役職]
株式会社インキュベクス 代表取締役
[略歴]
1965年神奈川県横浜市生まれ、産業技術大学院大学在籍。
この3年で500箇所以上の「訪問看護ステーション」の開業・運営業支援を手掛けており、こうしたビジネスの研究、開発、拡張を通じて、超高齢社会における幸福な将来ビジョンを描くことを目指している。

1998年、起業コンサルタント業を開始し、以来2500社を超える起業支援を手がける。日本の医療が在宅へと大きく変化することに従い、「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりの必要性から、「訪問看護ステーション開業運営支援」を開始。その支援先は民間企業から介護事業者まで全国500社以上に広がる。また「年金の範囲内でも安心して住まえ、良質な生活を実現する医療介護サービス提供と空間づくり」も全国で支援する。
著書に「営業マンよ出かけるな!」(出版文化社)、連載に「新極真空手に学ぶリーダーシップ」(『月刊人材ビジネス』オピニオン)、「地域を支え未来を切り拓くチェンジ戦略」(『経営活力ビジネスIT活用index』日経新聞社)、「経営ができる看護師になろう!」(『日経メディカルAナーシング』日経BP)など。
[URL]
インキュベクス株式会社

[バックナンバー]「前もって成功を“設計”しよう!」 医療介護業界未経験の経営者が成功できる「サービスデザイン」

企業マネジメント最新トレンド 一覧へ

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月27日付
  • 金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
  • クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
  • コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
  • 三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
  • アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機

経営喝!力 ビジネスIT活用index