NIKKEI

トップ>日経産業新聞 特集>「第43回国際電子回路産業展」特集>世界最大級のエレクトロニクスサーキット・イベント

世界最大級のエレクトロニクスサーキット・イベント
2013年6月5日(水)~東京ビッグサイトで開催

株式会社タムラ製作所 / 千住金属工業株式会社 / 日置電機株式会社 / 上村工業株式会社 / 株式会社日本スペリア社 / 日本トムソン株式会社 / 富士機械製造株式会社

電子回路を取り巻くあらゆる最先端技術情報を世界に発信する「JPCA Show 2013(国際電子回路産業展)」が、6月5日(水)~7日(金)の3日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東展示棟・会議棟)で開催される。同イベントは最先端・最新機器を実現する「ものづくり」のトータルソリューションに特化し世界最大級の産学連携にて開催される電子回路・電子実装業界の一大総合イベントとして知られ、今年で43回目。運営団体の日本電子回路工業会(JPCA)を中心に関連団体と連携し、「ラージエレクトロニクスショー2013」などの展示会も同時開催される。開催時間は午前10時から午後5時。入場料は税込み1,000円(事前登録者は無料)。

日本が誇る電子回路関連技術を一堂に展示

あらゆる電子・情報通信・制御機器に使用される電子回路・実装技術や、将来にわたり広く使用され、普及が見込まれるラージエレクトロニクス(プリンテッドエレクトロニクス、ストレッチャブルエレクトロニクスなど)。JPCA Showと同時開催される展示会は、その設計から製造、信頼性確保、流通に至る製品展示により技術情報の提供・提案を図り、併せて電子回路業界および関連業界全体の発展に寄与することを目的に実施される、まさに世界最大級の「グローバル・エレクトロニクスサーキット・イベント」といえる。
どの展示会も最新・最先端の電子回路テクノロジーが集結する専門技術展だ。電子・電気機器、自動車・自動車部品や医療機器、航空宇宙関連製造業を中心に電子回路メーカー、設計・EMS、半導体・電子部品メーカー、商社・代理店など幅広い業種から、とりわけ目的意識の高いエンジニア・技術者層、設計開発担当者、生産現場責任者、調達・経営者層が中核の来場者として見込まれている。出展者、来場者双方にとって、既存の顧客に加え、あらゆる分野の新規ユーザーに直接コンタクトできる絶好の機会として期待されている。
昨年の出展者数は477社、1522小間の出展規模。3日間の会期中に累計で11万4961人が来場した。来場者の職種分類では営業・経営企画(28・4%)、研究・開発(22%)、経営・管理(14・1%)、生産技術・製造技術(12・3%)の順に多かった。 JPCA Showの最大の特徴は、電子回路業界の会員が全員参加する手作りイベントであること。グローバルエレクトロニクス産業を支える電子回路業界発展のため、業界一丸となって日本が誇る電子回路技術を披露し、国内外のユーザーが実際に間近で比較検討して採用できるよう、受付から併催イベントの運営まで工業会会員会社総動員で来場者をもてなすことをモットーとする。

多彩な専門展・セミナーで構成

各イベントの詳細は次の通り。

JPCA Show JPCA Showは「プリント配線板技術展」「半導体パッケージング・部品内蔵技術展」「機器・半導体受託生産システム展」で構成される。「プリント配線板技術展」は、プリント配線板・材料、設計・プロセス技術の世界最大級総合見本市。「半導体パッケージング・部品内蔵技術展」はモジュール基板・材料、設計・開発支援・検査に必要なあらゆる半導体PKG技術が出展する。「機器・半導体受託生産システム展」は、電子回路実験基板とモジュール実装基板、IC製造・実験・組み立て受託技術・サービスが一堂に展示される。
ラージエレクトロニクス ショー 「ラージエレクトロニクスショー」はJPCA、半導体産業新聞(産業タイムズ刊)の共催で、「プリンテッドエレクトロニクス最適生産システム展」「部品・MEMS/デバイス産業総合資機材展」「LED/OLED応用技術展」で構成される。「プリンテッドエレクトロニクス最適生産システム展」は最新の大面積・有機・プリンテッドエレクトロニクス技術の専門展示会で、世界の有識者を講師に迎え、昨年大好評だった「PEC Japan」に加え今年は、「ストレッチャブル・エレクトロニクス・シアター」も同時開催される。「MEMS/デバイス産業総合資機材展」は半導体、パワーデバイス、MEMSデバイスなどに必要な装置、部品・材料、技術に特化した専門技術展。「LED/OLED応用技術展」はLED・有機ELデバイスの開発・製造技術、照明器具の設計・製造技術、次世代照明が出展される。
マイクロエレクトロニクス ショー 「マイクロエレクトロニクスショー」はエレクトロニクス実装学会が主催する、最先端将来技術を中心とした、エレクトロニクス実装分野の技術を先導する技術展示会。「アカデミックプラザ」と「eX-tech2013」を同時開催する。アカデミックプラザでは、大学研究室・公的研究機関の展示紹介と研究結果発表を行う。新しい技術開発・提携のきっかけづくりの場として産学連携を強化・促進する。「eX-tech」は、あすのエレクトロニクス産業を支える先端実装技術・製品・サービスが一堂に会する、テーマ参加型展示企画。 並行して「JIEP最先端実装技術シンポジウム」も実施する。「昨日においてくるもの、明日に育てるモノ」をテーマにした講演や全世界が注目する新エネルギー、今後の日本のエレクトロニクス産業の見通しなど、技術者でなくとも聴講したくなる、数々の講演を企画している。
JISSO PROTEC 「JISSO PROTEC」は、日本ロボット工業会(JARA)が主催する、エレクトロニクス製造、部品・デバイス搭載、接合・接続、実装技術に関する材料、実装装置、関連資材が一堂に会した専門展示会として、エレクトロニクス機器製造に不可欠なプロセス技術を国内外に発信する。
ものつくりフェスタ2013 「第19回半導体オブ・ザ・イヤー2013受賞製品・技術発表会」が併催されるほか、JPCAと産業タイムズ社共催による次世代アプリ開発支援技術展「夢をカタチに」も行われる。

豊富な講演群

JPCA Show2013ほか3展示会では、有料・無料含め、多彩な技術、開発トレンド、教育、アプリケーションテーマを取り入れたセミナープログラムも豊富だ。主な講演を紹介する。
JPCAが新法人に移行した元年であることを記念し、5日~7日まで東3ホール基調講演会場(プレミアムステージ)で、「日本を元気にする! 『スマホ・タブレット』『次世代カーエレクトロニクス』『医療』」をテーマに基調講演を実施(有料だがVIP招待券持参者は全て無料。一般来場者も事前登録で先着200人まで無料)。また、毎年多くの来場者でにぎわう「電子機器分解展示」にて特別展示を実施する。
講演プログラムは次の通り。

5日
午前10時30分~12時10分 「医療/次世代車/シェールガスが開くITの新世界」(産業タイムズ社社長 泉谷渉氏)と「シェールガス革命はエレクトロニクスに何をもたらすか」(ガスレビュー編集長 林佳史氏)。
午後2時~3時40分 「医学と工学のクロスオーバーによる革新的自動車技術への挑戦」(ひろしま産業振興機構カーテクノロジー革新センター理事長兼センター長 山本幸男氏)と「エレクトロニクスとMEMSの医療応用」(東北大学大学院医工学研究科教授 芳賀洋一氏)。
6日
午前10時30分~12時10分 「日本を元気にする自動車のものづくり」(東京大学大学院経済学研究科教授/ものづくり経営研究センター長 藤本隆宏氏)と「自動車におけるエレクトロニクスへの期待と課題」(トヨタ自動車電子技術領域長/常務理事 野村得之氏)。
午後2時~3時40分 「三次元実装 日本の研究開発の展望」(ASET部長 池田博明氏)、「世界の三次元実装最前線」(ザイリンクス社長 サム・ローガン氏)、「静岡県における次世代自動車関連事業の取り組み―電気自動車分解を通じた支援活動紹介―」(静岡県工業技術研究所浜松工業技術支援センター科長 伊藤芳典氏)。
7日
午前10時30分~12時10分 「新たな成長に向けたドコモの取り組み」(エヌ・ティ・ティ・ドコモ副社長 岩崎文夫氏)と「スマホ、タブレット端末などの将来性とディスプレーの方向性」(ドイツ証券株式調査部 マネージング・ディレクター シニアアナリスト 中根康夫氏)。
午後2時~3時40分 カメラ映像機器工業会(CIPA)特別協力による特別パネルディスカッション「デジタルカメラのグローバルな現状と将来」(座長=半導体産業新聞取締役兼編集局長 津村明宏氏。パネリスト=キヤノン理事 新堀謙一氏、ニコン本部長 山本哲也氏、ソニー副部門長 松本浩彰氏、ライカカメラジャパン主席 日本駐在員件DSCプロダクトマネージャー 杢中薫氏、CIPAプロジェクト審議会委員長 後藤哲朗氏)。

JAXA、産総研の研究内容も紹介

次世代ビジョンプロジェクトの一環として、JAXA研究員が研究内容を紹介する「 JAXAオープンラボ」、産業技術総合研究所(AIST)の情報通信・エレクトロニクス分野および環境・エネルギー分野からセンサー計測・実装、パワーエレクトロニクスに関する研究成果および研究プロジェクトの紹介を行う特別展示も見逃せない。
 このほか、より一般向けに、プリント配線基板に関する技術講演や実装体験セミナーなどもラインアップされる「オープンセミナープログラム」も用意される。

とにかく"世界最大級"の産学連携にて開催される電子回路・電子実装業界の一大イベントにふさわしく、最先端技術の展示から豊富な内容の講演群まで電子回路を取り巻くあらゆる最先端技術情報が発信される「JPCA Show2013」ほか3展示会。多岐にわたる内容をきめ細かくチェックし、早めに事前登録して最先端情報を先取りしよう。

開催概要

JPCA Show 2013 ~第43回国際電子回路産業展~
・ラージエレクトロニクスショー 2013
・2013 マイクロエレクトロニクスショー
・JISSO PROTEC 2013
・ものつくりフェスタ 2013
[会期]
2013年6月5日(水)~7日(金)
[場所]
東京ビッグサイト東展示棟・会議棟
[時間]
10:00~17:00
[入場料]
1,000円(税込)
※招待券持参者及びインターネットでの事前登録者は無料
[お問合わせ]
一般社団法人日本電子回路工業会
TEL:03-5310-2020 FAX:03-5310-2021
E-mail:show@jpca.org
JPCA Show 2013公式サイト

出展者紹介

株式会社タムラ製作所

千住金属工業株式会社

日置電機株式会社

上村工業株式会社

株式会社日本スペリア社

日本トムソン株式会社

富士機械製造株式会社

経営喝!力 ビジネスIT活用index