NIKKEI

トップ>日経産業新聞 特集>文房具広告特集>優れた技術で業務を効率化 人気のオフィス文房具>オダギリ展子寄稿

優れた技術で業務を効率化 人気のオフィス文房具

株式会社パイロットコーポレーション/シヤチハタ株式会社/株式会社キングジム/ナカバヤシ株式会社/ぺんてる株式会社


オダギリ展子
ビジネスマンの間で、文房具ブームが巻き起こっている。
自分の使う文房具に対し、費用をかけてでも質が良く、使い勝手のよい文房具を購入しようと考えるビジネスマンが増加したためだ。本企画では、事務効率化コンサルタントとして「最強の文具活用術」など、オフィス事務の効率化や文房具の活用法などの著書があり、セミナー講師などでも活躍中のオダギリ展子氏に、文房具でできる業務の効率化について寄稿していただいた。

無駄な時間が減少

かつて私は、特許事務所で事務の仕事をしていました。 ミスが許されない厳しい環境で働くうちに、あることに気がつきました。それは、ミスを未然に防ぐことができれば、そのフォローのための無駄な時間が発生しないので、「業務の効率化」につながる、ということです。
  いつしか私は、日々の業務の至るところで、効率化を追究するようになり、文房具でも業務の効率化ができることを確信するに至ったのです。

もちろん、以前からお気に入りの文房具を使用することで仕事へのモチベーションが上がったり、省スペース効果のある多機能な文具を使うことで整理整頓がしやすくなって、仕事がスムーズにできるようになるなど、いろんなメリットがあることは、十分理解していましたが――。

書類の厚み25%抑制

では、なぜ私は、業務を効率化するうえで文房具が有効であることを再認識したのでしょうか。
「フラットクリンチ」タイプのホッチキスの事例を通してご紹介します。
まずは、フラットクリンチの説明として、図1をご覧ください。

向かって左側が、フラットクリンチタイプのホッチキスでとじた書類を真横から見た図です。とじた針の裏側が膨らまずに、平らに打ち曲げられているのが分かります。
もし右側のタイプのホッチキスでとじた書類を何部も重ねたら、とじた部分が盛り上がって書類にスロープができてしまいますが、左のフラットクリンチタイプを使えば、この厚みが最大25%抑えられるのだそうです。
これは、単純に計算した場合、ファイリングの際に今まで100冊ファイルが必要だったのが、75冊で済むということです。つまり、従来新しいファイルを作成するたびにしていたファイルの手配やタイトル記入などの作業時間も25%削減されるのです。
保管場所の省スペース化や、必要なファイルや書類を探す際の労力の緩和にもつながりますね。書類保管のために倉庫などを借りている場合は、保管料の節約にもなります。
いかがでしょうか?ホッチキスは、誰もがデイリーに使う、最もポピュラーな文房具の一つです。指の先ぐらいの大きさしかないその針のちょっとした処理の違いで、ここまで大きな差が生じてしまうのです。私が経営者だったら、会社中のホッチキスを全てフラットクリンチタイプに切り替えてしまうのではないか、とさえ思ってしまいます。

普及するフラット型

このフラットクリンチ機構のホッチキスを世界で初めて開発したのが日本のメーカーであり、現在、小型の物ならPPC用紙40枚まで、中型の物で同80枚まで針を替えずに、とじられるようになりました。
オフィスでは、とじ枚数の多いホッチキスは、個人のデスク群からちょっと離れたところにまとめて置かれていることが多く、厚い書類をとじるときは、逐一離席しなくてはなりませんでした。
けれども、この作業が自席でできれば、設置場所までの往復の時間や手間が削減され、ここでも業務の効率化が可能となるのです。
現在では、フラットクリンチ機構のホッチキスは、各メーカーで取り扱われるようになり、軽い力でとじられるタイプなどが登場しています。

世界のトップレベル

我が国の文房具は、性能やデザインなどを総合的に考えたときに世界のトップレベルにあるのは、誰もが認めることでしょう。
近年、文房具への人気がますます高くなり、オフィスでは、個人負担で購入する「自腹文房具」も増えているようです。全ての日本の文房具メーカーさんには、私たちの業務がより効率的になるように、ますます魅力的な文房具を世に送り出してくださることを文房具愛好家の一人として楽しみにしています。

各社紹介

株式会社パイロットコーポレーション

シヤチハタ株式会社

株式会社キングジム

ナカバヤシ株式会社

ぺんてる株式会社

経営喝!力 ビジネスIT活用index