NIKKEI

トップ>最新企業動向>アイレップ、Twitter広告キーワードプランニングツール 「KeywordScope(キーワードスコープ)」提供開始(News2u提供)

アイレップ、Twitter広告キーワードプランニングツール
「KeywordScope(キーワードスコープ)」提供開始

リリース日:
2017年12月06日
リリース発行企業:
株式会社アイレップ
~Twitter上で語られている特徴的なキーワードを発見し、リーチ拡大に貢献~

株式会社アイレップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長CEO:紺野俊介、以下アイレップ)は、Twitter広告のキーワードターゲティングにおける、アイレップ独自のプランニングツール「KeywordScope(キーワードスコープ)」の提供を開始しました。Twitter広告のキーワードプランニングにおいて本ツールを活用することにより、プロモーションに興味・関心を示すユーザーを捉えるキーワードをより多く発見し、リーチ拡大とパフォーマンス改善に貢献します。

Twitter利用者数は2017年10月時点で4,500万人※1に拡大し、企業がプロモーションする上でTwitter広告は欠かせない存在となっています。Twitterにおける代表的な配信手法としては、ハンドル(ユーザー名)を活用したハンドルターゲティングと、ユーザーの投稿内容からキーワードを指定して行うキーワードターゲティングがあり、2017年7月に発表した「HandleM@p(ハンドルマップ)」※2に続く本サービスの提供開始により、アイレップはTwitter広告運用における重要な両要素の強化に至りました。

これまで、キーワードターゲティング実施にあたって、Twitter上で語られるキーワードを的確に網羅することが難しくリーチの拡大に限界がありましたが、この「KeywordScope(キーワードスコープ)」は、特定のキーワードとWeb上で同時に発信されるキーワードを発見することで、プランナーの知見に依存していたキーワードの網羅性を高めます。さらに、Twitterの投稿内容を分析し、一般的なキーワードだけでなくTwitter上で語られている特徴的なキーワードを見つけ出し、キーワードターゲティングにおけるリーチを拡大することが可能です。

■KeywordScope(キーワードスコープ)によるキーワードの捉え方
例えば「ノートPC」というキーワードでターゲティングする場合、一般的なキーワード「ノートPC」では約2,000投稿がターゲティング対象となるが、KeywordScope(キーワードスコープ)を活用することにより、約10,000件投稿ある共起ワード「お絵かき」や、約8,000投稿あるTwitter上の特有ワード「パソ子」を発見し、リーチを拡大することが可能です。
図1(添付参照):KeywordScope(キーワードスコープ)によるキーワードの捉え方


また、当社独自の分析システムツール、Per-SONAR※3を活用することで、広告主のWebサイト上でコンバージョンしたユーザーのWeb行動データをKeywordScope(キーワードスコープ)に組み込むことができます。これにより、獲得が見込める新たなキーワードを発見し、Twitter上での更なるリーチ拡大が可能です。


■Per-SONARを活用したキーワードの捉え方
Per-SONARにより、可視化されたコンバージョンユーザーのWeb行動データから、獲得が見込める新たなキーワード(例:写真)を発見し、KeywordScope(キーワードスコープ)で、「写真」の共起ワード(例:カメラ女子、など)とTwitter上の特有ワード(#写真好きと繋がりたい、など)を捉える。
図2(添付参照):Per-SONARを活用したキーワードの捉え方


アイレップでは、KeywordScope(キーワードスコープ)の活用方法のご案内や、Per-SONARの概要や事例についてご紹介するセミナーを、12月14日(木)アイレップ本社にて開催します(無料/定員制)。詳細はこちら(https://www.irep.co.jp/press/release/2017/20171117_02.html)をご覧ください。

アイレップは、今後もTwitterを始めとしたSNS広告運用を強化し、各プラットフォームの特性を掴んだコンサルティングを通じ、企業のマーケティング活動に貢献します。



※1:Twitter Japan、Twitter国内アクティブユーザー数の発表(2017年10月時点) 
https://twitter.com/TwitterJP/status/923671036758958080 

※2:ハンドルターゲティング「HandleM@p(ハンドルマップ)」詳細(プレスリリース)
https://www.irep.co.jp/press/release/2017/20170711_2.html

※3:分析システムツール「Per-SONAR」詳細(プレスリリース)
https://www.irep.co.jp/press/release/2017/20171122.html


以上



■株式会社アイレップ について
アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。
━━ 会社概要 ━━
【社名】 :株式会社アイレップ
【所在地】:東京都千代田区永田町2丁目11番1号 山王パークタワー7F
【URL】 :http://www.irep.co.jp/
【代表者】:紺野俊介
【設立年月】:1997年11月
【資本金】:5億5,064万円(2017年9月末現在)
【事業内容】:
・広告代理事業
・ソリューション事業
・ツール事業
・その他(デジタルメディア事業等)
【記事転載・引用等に関する問い合わせ先】
●株式会社アイレップ
TEL:03-3596-8050  FAX:03-3596-8145
【報道関係問い合わせ先】広報担当 E-MAIL: pr@irep.co.jp
【弊社サービス内容に関する問い合わせ先】 E-MAIL: contact@irep.co.jp
※アイレップは、D.A.コンソーシアムホールティングスの100%子会社です


■D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社 
【代表者】: 島田雅也
【所在地】: 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 YGPタワー33F
【URL】 : https://www.dac-holdings.co.jp/
【設立年月】: 2016年10月
【上場市場】: 東京証券取引所市場第二部(証券コード:6534)


【付帯情報】
・【アイレップ】図1:KeywordScope(キーワードスコープ)によるキーワードの捉え方
http://itm.news2u.net/items/output/157705/1
・【アイレップ】図2:Per-SONARを活用したキーワードの捉え方
http://itm.news2u.net/items/output/157705/2


関連URL:https://www.irep.co.jp/press/release/2017/20171206.html

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法

経営喝!力 ビジネスIT活用index