NIKKEI

トップ>最新企業動向>コクヨグループのカウネット、機械学習による顧客分析とデジタル・マーケティングをOracle Cloudで実現(News2u提供)

コクヨグループのカウネット、機械学習による顧客分析とデジタル・マーケティングをOracle Cloudで実現

リリース日:
2018年06月14日
リリース発行企業:
日本オラクル株式会社
より精緻な顧客分析とOne to Oneマーケティングの連携により、新規顧客の増加と顧客ロイヤリティを向上

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役社長 最高経営責任者:フランク・オーバーマイヤー)は本日、コクヨグループでオフィス通販を行う株式会社カウネット(本社:東京都大田区、代表取締役社長:高橋 健一郎)が、新規顧客の獲得と顧客ロイヤリティの向上を目的に、「Oracle Marketing Cloud」と「Oracle Cloud Platform」などのオラクルのクラウド・サービス群を導入したことを発表します。

カウネットは、オフィス通販サービス「カウネット」を軸とし、大手企業向け購買システムの提供や個人向けショッピングサイト運営などのサービス展開を行っています。法人向けのネット通販ビジネス市場は成熟しており、各社競争が激化しています。コクヨの2016年から3カ年の第一次中期経営計画の中でも、「顧客への付加価値にこだわった魅力的な第3極戦略による成長の兆しを獲得する」ことを掲げ、新たな施策による成長戦略が求められています。通販事業のさらなる成長を目指すにあたり、カウネットでは、新規顧客獲得の増加だけでなく、既存顧客のロイヤリティの向上による売上拡大を支援する仕組みを検討していました。

カウネットではこれまで、ECサイト上での充実したコンテンツ展開や推奨商品の提示などを行ってきましたが、新たな施策として、顧客分析を強化し、その分析結果を活用したパーソナライゼーションに取り組みます。ECサイトの表示やメールマガジンのコンテンツ配信のパーソナライゼーションを実現するため、オラクルのクラウド・サービスを組み合わせたマーケティング・プラットフォームの提案を高く評価し、採用を決定しました。

複数社のマーケティング・オートメーション・サービスを比較した結果、オンライン上の顧客体験を最適化しABテスト・多変量テストを支援する「Oracle Maxymiser」、クロスチャネル・マーケティング・プラットフォームの「Oracle Responsys」を導入しました。また、これらと連携する仕組みとして、圧倒的な実績と最新技術によるデータベース環境をクラウドで提供する「Oracle Database Cloud」と、データ分析や機械学習を含む包括的なクラウド型ビジネス・アナリティクス「Oracle Analytics Cloud」を導入しています。

カウネットでは、オラクルのクラウド・サービスを組合せたマーケティング・プラットフォームを以下の点で評価しています。
▶「Oracle Maxymiser」は、機械学習によりテストを重ねることで、ECサイト上に自動的に適切なオーディエンスに向けた適切なコンテンツを提示し、実装まで行えるクラウド・サービスである点
▶「Oracle Responsys」を活用したメール・マーケティングでは、Web行動データを細かい粒度で取り込み、システム上で自動的にターゲットに合わせた適切なコンテンツを生成・配信することが可能な点
▶「Oracle Analytics Cloud」により、マーケティング・キャンペーンのシナリオ作成に必要なRFM*分析、デシル分析、クラスタ分析、アソシエーション分析などの顧客情報分析が可能な点
▶「Oracle Analytics Cloud」の直感的なUIと機械学習により、「Oracle Database Cloud」上のデータをGUIベースで結合及び絞り込みができ、業務部門でのデータ統合や加工といったセルフサービスBIの実現が可能な点
▶オラクル1社で、今回の取り組みを実現するために必要なクラウド・サービスを提供できるため、連携・開発工数の負荷が少なく、導入後の窓口もオラクルで完結できる点
*Recency(最新購入日)、Frequency(購入頻度)、Monetary(購入金額)の3つの指標で顧客を分類する方法

今回の導入により、顧客の購入傾向をRFM分析し、機械学習により消耗品の案内を適切なタイミングで配信するメール・キャンペーンの施策を実行し、顧客のロイヤリティの向上を支援します。今後は、広告配信も視野にオラクル・クラウドの利用範囲を拡大していくことも検討しています。

本発表に向けた顧客企業のコメント
「法人向けのネット通販ビジネス市場の競争が激化している中、カウネットの経営理念である『お客様の立場で考え お客様の役に立つ』を体現し、事業を成長させていくことが重要となっています。『Oracle Cloud』のマーケティング・プラットフォームの導入により、顧客分析からOne to Oneマーケティング施策の実行までの一連のプロセスを一元的に管理でき、お客様に適切なタイミングで適切な情報を提供することで、カウネットへのロイヤリティ向上を支援してくれます。将来的には、広告配信までの利用拡大も検討し、当社の成長を支えるマーケティング・プラットフォームとして『Oracle Marketing Cloud』と『Oracle Cloud Platform』を最大限活用していきます。」 
株式会社カウネット マーケティング本部 マーケティング企画部 部長 普神 拓哉 氏

参考リンク
・株式会社カウネット
https://www.kaunet.com/
・Oracle Marketing Cloud
https://www.oracle.com/jp/marketingcloud/index.html
・Oracle Cloud Platform
https://www.oracle.com/jp/cloud/platform.html

日本オラクルについて
オラクル・コーポレーションの日本法人。「beyond your cloud >commit;」をスローガンに掲げ、広範かつ最大限に統合された クラウド・アプリケーションおよびクラウド・プラットフォームなど、データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービスの提供と、それらの利用を支援する各種サービスの事業を展開しています。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL http://www.oracle.com/jp

日本オラクル公式ソーシャルメディアチャネル
・Facebook http://www.facebook.com/OracleJP
・Twitter https://twitter.com/Oracle_Japan
・Oracle Marketing Cloud Facebook http://www.facebook.com/omcjp/
・Oracle Marketing Cloud Twitter https://twitter.com/OracleMktgJapan

オラクルについて
Oracle Cloudは、ERP、HCM、Customer Experience (CX)を網羅した広範なSaaSアプリケーションに加え、業界最高水準のデータベースを含む Platform as a Service (PaaS)、Infrastructure as a Service (IaaS) を米州、欧州、アジア全体にわたるデータセンターから提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

【本件に関するお問い合わせ先】
日本オラクル株式会社 広報室 斉藤・石山
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。


日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    儲けの構造を知り、目標実現する経営のコクピット
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアリスクの脅威と対策
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    自社の企業価値を知る、高める
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    タイ進出に関する法務のポイント

経営喝!力 ビジネスIT活用index