NIKKEI

トップ>最新企業動向>日立が提供するSAP HANA(R)のクラウドサービスにおいてSOC報告書を受領 [日立](News2u提供)

日立が提供するSAP HANA(R)のクラウドサービスにおいてSOC報告書を受領 [日立]

リリース日:
2018年06月19日
リリース発行企業:
株式会社日立製作所(ITサービス&プロダクト)
~財務会計など基幹業務に適した高品質なサービスの提供によりお客さまの財務諸表監査・内部統制監査などの負担を軽減~

株式会社日立製作所は、SAP HANA(*1)のクラウドサービスにおいて、内部統制を評価したSOC(Service Organization Controls)報告書(*2)を受領しました。具体的には、財務報告に係る内部統制を対象とした86号Type1報告書(*3)、およびセキュリティと可用性を対象としたSOC2Type1報告書(*4)を2018年6月8日付けで受領いたしました。引き続き特定期間の内部統制のデザインおよび運用状況を評価するType2報告書の受領に向けて対応を進めます。これにより、お客さまは財務会計などの基幹業務に適した高品質かつ透明性の高いサービスを利用できるとともに、SOC報告書を用いることで財務諸表監査・内部統制監査やセキュリティに係る内部監査などの負担の軽減を図ることができます。

▼詳細はこちら
http://www.hitachi.co.jp/products/it/unified/sap_hana_cloud/2018/0619/

▽日立が提供するSAP HANAのクラウドサービスに関するホームページはこちら
http://www.hitachi.co.jp/sap_hana_cloud/


(*1)SAP HANA:SAP SE 社の高速インメモリプラットフォーム(メモリ上で高速なデータ処理を実現するソフトウェア)。
(*2)SOC報告書:アウトソーシング業務の内部統制の有効性について、一定の基準やガイダンスに基づいて、監査法人や公認会計士が独立した第三者の立場から客観的に検証した結果を記載したもの。
(*3)86号Type1報告書:日本公認会計士協会の監査・保証実務委員会実務指針第86号「受託業務に係る内部統制の保証報告書」に基づき、特定時点の内部統制のデザインを評価した保証報告書。
(*4)SOC2Type1報告書:米国公認会計士協会が定めたTrustサービス(監査法人・公認会計士がシステムの信頼性等について保証を与えるサービス)の原則および規準に基づき、特定時点の内部統制のデザインを評価した保証報告書。

◆商標に関する表記
・SAP、SAP HANAおよび本文書に記載されたその他の SAP製品、サービスならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。
・記載の会社名、製品名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。


記載の情報は、公開日現在の情報です。
予告なしに変更され、閲覧日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい予防法務・戦略法務の必要性
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアって何?利用実態と過去の事故事例
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

経営喝!力 ビジネスIT活用index