NIKKEI

トップ>最新企業動向>分散型個人データストレージ・プラットフォーム「al+ stack(オルツ・スタック)」を発表(News2u提供)

分散型個人データストレージ・プラットフォーム「al+ stack(オルツ・スタック)」を発表

リリース日:
2018年07月12日
リリース発行企業:
株式会社オルツ
P.A.I.(パーソナル人工知能)『al+(オルツ)』を開発する株式会社オルツ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:米倉千貴)は、個人のデータをセキュアかつ永遠に保存する、分散型個人データストレージ・プラットフォーム「al+ stack(オルツ・スタック)」を発表しました。

al+ stackは、個人データの主体はその本人であるという見地に立って設計した、分散型個人データ・プラットフォームで、個人にまつわるテキストや画像などのさまざまなデータを、暗号化技術およびブロックチェーン技術により、機密性と改竄不可能な状態を確保しています。

al+ stackは、ストレージ領域(パブリックな共有分散データベースストレージ)と当社が提供するデータ収集の仕組み、スタック・データ・コレクター、また今後、追加予定の「stack」デバイスの3つの要素で構成されます。当プラットフォームの利用者は、個人、企業の両方を想定しています。

個人は、alt stackを使用することで、データの所有権を自分自身に取り戻し、明示的に自分のデータの所有権を持ち、データの使われ方を完全に掌握することができるようになります。そして利用する企業のサービス毎に、データ使用許諾の可否を判断することが可能になります。また、「stack」デバイスの利用により、自分のデータを持ち運びたいという、データ・ポータビリティのニーズにも対応します。
企業は、これまでは自社のビジネス活動を通じて収集したデータだけが活用可能なリソースでしたが、今後、ユーザー自身がデータ使用の許諾を与えられるようになれば、ユーザーが他のサービスで蓄積したアクティビティやコンテンツも、自社のビジネスに活用できる可能性があります。

当社は、al+ stackに保管された情報を抽出するためのブラウザおよび、インターフェースを持ったデバイスとして、現状はスマートスピーカーやスマートフォンを想定しています。今後は自らその他のブラウザを追加・開発するだけでなく、企業との協業も視野に入れつつ、オルツ・ブラウザのエコシステム拡充を目指してまいります。


【本件に関するお問い合わせ】
株式会社オルツ マーケティング&ビジネス開発 山口
東京都千代田区東神田3丁目1-2
TEL:03-6380-7076
e-mail:press@alt.ai
https://alt.ai/

Vietnam Tech Labo:
Room 801, No. 92 Trieu Viet Vuong street, Hai Ba Trung district, Hanoi, Vietnam

【付帯情報】
・個人データを改竄不可能な状態で永遠に保存する、分散型個人データ管理ネットワーク「al+ stack(オルツ・スタック)」を発表
http://itm.news2u.net/items/output/161436/1


日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアって何?利用実態と過去の事故事例
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

経営喝!力 ビジネスIT活用index