NIKKEI

トップ>最新企業動向>文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus Ver.4.7」の販売を開始(News2u提供)

文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus Ver.4.7」の販売を開始

リリース日:
2018年09月20日
リリース発行企業:
住友電工情報システム株式会社
~ 文書管理システムの導入や移行がより簡単になる新機能を追加 ~

住友電工情報システム株式会社は、システムの導入や移行をより簡単にするための文書一括登録用テンプレート作成機能や、関連文書のツリー表示機能などを追加した、文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus (らくらくドキュメント プラス) Ver.4.7」を本日より販売開始します。

楽々Document Plusは、オフィスファイルはもちろん、契約書やISO文書、複合機から取り込んだ紙文書の管理など、幅広い用途で利用できる文書管理・情報共有システムです。1つの「文書(ドキュメント)」に複数のファイルを添付し、日付や作成者などの必要な属性情報を付与し、その文書を「フォルダ」に保存して管理できます。登録した文書は、必要な時に必要な情報を属性検索やあいまい検索といった高度な検索ですばやく取り出すことができます。

今回追加した主な機能・変更点は下記のとおりです。

(1) 文書一括登録用テンプレート作成機能
「楽々Document Plus」へ文書を一括登録するためのテンプレートCSVファイルを自動作成できるようになりました。
従来は文書を一括登録するために、どの部署の、誰が、どんなファイルを、どういう承認経路で、という付属情報をひとつの文書ごとに手入力する必要があり、入力間違いなどで時間がかかっていました。
本機能では、手入力していた上記の情報や、文書の形式に合わせた記入例などが記載されたテンプレートCSVファイルを自動作成します。このため、一括登録にかかっていた手間を大幅に削減でき、文書管理システムの導入や他システムからの移行がより簡単になりました。

(2) 関連文書のツリー表示機能
フォルダやキャビネットの文書一覧画面にて、関連文書(親文書・子文書)を一覧でツリー表示して、文書全体の関連性を俯瞰できるようになりました。
例えば、契約書管理においては、基本契約に関連する個別契約や、個別契約に関連する覚書などを一覧で確認でき、ある契約の内容を変更する場合に影響を受ける文書が一目で分かります。他にも、ISO文書などの文書を改訂した際に、関連する文書の改訂漏れがないかを確認したり、図面管理において、関連する図面を一目で確認したりできます。

(3)属性情報のみの全文検索機能
全文検索を行う際に、添付ファイルの内容を検索対象から外して、件名や備考など、複数の属性情報を横断して検索できるようになりました。これまでは、添付ファイルの内容を含めた属性情報を横断して検索していましたが、添付ファイルの内容も検索結果としてヒットするため、ヒット件数が多くなりすぎて目的の文書が見つけにくい場合がありました。そのような場合には、添付ファイルを検索対象外にすることで、目的の文書を見つけやすくなります。


当社は、今後もますます需要が見込まれる文書管理システム及び社内情報共有システムの市場において、時代のニーズを先取りした製品開発に取り組んでまいります。

以上


-------------------------------------------------------------------------
【補足資料】

■楽々Document Plusの特長
・高性能の全文検索エンジンQuickSolutionをバンドルすることで、あいまい検索にも対応。探したい文書がすぐに見つかります。
・高速ビューワを搭載し、ヒットしたページを瞬時に表示します。
・ドラッグ&ドロップによるワンタッチ登録ができるので、文書を簡単に登録できます。
・文書の登録/改訂/閲覧/廃棄に関する権限を設定でき、セキュリティ対策も万全です。
・部門に分散するファイルサーバを統合的に閲覧・検索できます。初期データ投入の手間を減らして手軽に運用を開始し、部門間の情報共有・活用を促します。
・複合機等のスキャナ機能によって電子化されたファイルを、自動で登録できます。登録されたファイルはOCR処理され、全文検索の対象となるので、紙文書の情報を効率的に活用・再利用できます。
・添付ファイル(オリジナル)のダウンロードをさせず、ビューワからの参照のみに制限できます。PDFファイル及びビューワからの印刷を制限できます。

■楽々Document Plusの動作環境
サーバOS :Windows Server
アプリケーションサーバ :Tomcat
データベース :PostgreSQL / Oracle / SQL Server
クライアント :Internet Explorer / Microsoft Edge / Google Chrome / Firefox /Android (Google Chrome) / iPad (Safari)

■楽々Document Plusの価格
パッケージライセンス価格 : 150万円(税別)~
※価格についての詳細は、別途お問合せ下さい。

■楽々Document PlusのWebサイト
  https://www.sei-info.co.jp/document-plus/index.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=a5b9b450100caf


・楽々Document、QuickSolutionは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
・Windows、Windows Server、SQL Server、Internet Explorer、Microsoft Edge は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Oracleは、米国 Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Firefoxは、米国Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Google、Android、Google Chromeは米国 Google Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・iPad、Safari は米国 Apple Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・その他、記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

■ 住友電工情報システム株式会社の概要
(1)設立 1998年10月1日
(2)資本金 4.8億円
(3)従業員数 500人
(4)代表者 代表取締役社長 奈良橋 三郎
(5)本社所在地 大阪市淀川区宮原3-4-30(ニッセイ新大阪ビル)
(6)事業内容 各種業務用ソフトウエアの開発・販売・保守、パッケージソフトの開発・販売・保守他

<製品に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社 ビジネスソリューション事業本部 
               システム営業部     TEL:03-6406-2840
               西日本システム営業部  TEL:06-6394-6731
               Email:rakrak@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社 
ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室
               TEL:06-6394-6754  Email:mkt@sei-info.co.jp


関連URL:http://www.sei-info.co.jp/document-plus/index.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=a5b9b450100caf

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    儲けるための3つの手法
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアって何?利用実態と過去の事故事例
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    タイの会社法やM&A

経営喝!力 ビジネスIT活用index