NIKKEI

トップ>最新企業動向>電子承認・電子決裁システム「楽々WorkflowII」をバージョンアップ(News2u提供)

電子承認・電子決裁システム「楽々WorkflowII」をバージョンアップ

リリース日:
2018年11月08日
リリース発行企業:
住友電工情報システム株式会社
~電子文書にメモを付けることができる / 申請メールにファイルを添付できる~

住友電工情報システム株式会社は、電子承認・電子決裁システム「楽々WorkflowII (らくらくワークフロー・ツー) Ver.7.4」を10月より販売開始しました。
「楽々WorkflowII Ver.7.4」では、新機能「メモボード」機能を搭載しました。紙の りん議書に ふせんをつけるように、システム上の文書にメモを付けられる機能です。また、承認依頼メールに文書中のファイルを添付できる機能も追加しました。


電子承認・電子決裁システム「楽々WorkflowII」は、企業内での申請・承認・決裁のワークフローを電子化し、業務効率化を実現するパッケージソフトです。短期間で利用を開始したいお客様から、ERPなどの基幹システムと連携させ本格的ワークフローを実現したいお客様まで幅広くお使いいただける柔軟性の高いシステムとして、2005年の発売以来、多くのお客様に導入され、高い評価をいただいています。

「楽々WorkflowII Ver.7.4」に追加された主な新機能は以下のとおりです。

■メモボード機能
文書にメモを付けることができる機能です。対象文書を見ることができる利用者であれば誰でもメモを付けたり、見たりすることができます。メモを表示させる期間は2種類あり、決裁までのりん議中だけ表示するか、文書の決裁後も永続的に表示するかを選ぶことができます。

りん議中だけ表示するメモを使用すれば、例えば承認者や決裁者に申請文書についての補足などを伝えることができます。このメモは、文書が決裁された後には見えなくなります。
文書の決裁後に永続的に表示するメモは、りん議中の文書にも、決裁後の文書にも付けることができます。例えば文書の決裁後に軽微な間違いに注意書きしたり、文書を見る人に連絡事項を伝えたりすることができます。


■通知メールにファイルを添付する機能
システムが送信する承認依頼や回覧依頼のメールに、文書内のファイルを添付することができるようになりました。
この機能を使用すれば、外出先など、社内のネットワークに接続できない環境にいる承認者や関係者にも申請内容をメールで伝えることができます。外出している承認者に、先に添付資料を確認してもらったり、決裁された内容を関係者に連携したりと、コミュニケーションがスムーズになり、業務効率化につながります。


■肩書表示機能
承認者や決裁者を表示する欄に、その部署名や肩書をあわせて表示できるようになりました。
部署名を表示することで、例えば代理人が承認した場合に、代理人の部署名と氏名を記録として残すことができます。
また、肩書として「主任」や「係長」のような役職や、「技師」や「設計担当」のような役割・スキルを記載すると、承認者の立場を記録として残すことができます。


当社は今後もますます需要が見込まれるワークフロー市場において、時代のニーズを先取りした製品開発に取り組んでまいります。

                                  以上


-------------------------------------------------------------------------
【補足資料】
■楽々WorkflowIIの主な特長

1.簡単・スピーディな立ち上げ
Excelシートを使った申請フォーム生成、わかりやすいGUIでの申請フォーム編集、経路設定機能などにより、稟議書、起案、旅費精算・経費精算など本格的な申請画面を誰でも簡単に作成することが可能です。短期間で電子申請システムの業務開始を実現します。

2.大規模・本格的な運用に強い
豊富な経路設定機能により日本の商習慣に合った柔軟なワークフローを実現します。人事異動や業務・組織の変化にも簡単に対応でき、豊富なAPIと固有ロジック追加機能、高い性能と信頼性により、既存システムと連携した大規模かつ本格的なワークフローが構築可能です。

3.グローバルな多国語対応、スマートフォン、タブレットのモバイル対応でどこでも誰でも利用可能
日本語だけでなく、英語、中国語、タイ語、スペイン語、韓国語、フランス語など多国語に対応しています。各種スマートフォン、タブレットにも対応し、グローバルでの利用が可能です。


■楽々WorkflowIIの動作環境
サーバOS         :Windows Server / Linux(RHEL/SLES) / UNIX
アプリケーションサーバ  :Tomcat / WebSphere / WebLogic / InterStage / Cosminexus
データベース       :Oracle / SQL Server / PostgreSQL / DB2
クライアント       :Internet Explorer 6.0 / 7.0 / 8.0 / 9.0 / 10.0 / 11.0 / Edge /
              FireFox / Google Chrome / Safari
スマートデバイス     :Android / iOS


■楽々WorkflowIIの価格
●1CPUあたりのパッケージライセンス価格
Linux版・Windows版: 250万円(税抜) UNIX版: 350万円 (税抜)
●「楽々Framework3/楽々FrameworkII」購入済みまたは同時購入の場合
Linux版・Windows版: 125~175万円(税抜) UNIX版: 175~245万円 (税抜)
※価格についての詳細は、別途お問合せ下さい。


■楽々WorkflowIIのWebサイト
https://www.sei-info.co.jp/workflow
-------------------------------------------------------------------------
・楽々Workflow、楽々Frameworkは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
・WebSphere、DB2 は、米国 IBM Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Google、Google Chrome、Chrome、Android は、米国 Google Inc.の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Cosminexusは、株式会社日立製作所の登録商標です。
・Firefoxは、米国Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Interstage は、富士通株式会社の登録商標です。
・Linux は、Linus Torvalds 氏の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Oracle、WebLogicは、米国 Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Safariは、米国 Apple Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Windows、SQL Server、Internet Explorer、Excelは米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・UNIXは、X/Open company Limited の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・その他、本書に記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

■ 住友電工情報システム株式会社の概要
(1) 設立:1998年10月1日
(2) 資本金:4.8億円
(3) 従業員数:500名
(4) 代表者:代表取締役社長 奈良橋 三郎
(5) 本社所在地:大阪市淀川区宮原3-4-30(ニッセイ新大阪ビル)
(6) 事業内容:各種業務用ソフトウェアの開発・販売・保守、パッケージソフトの開発・販売・保守他



<製品に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社 
ビジネスソリューション事業本部 システム営業部 TEL:03-6406-2840
西日本システム営業部 TEL:06-6394-6731
Email:rakrak@sei-info.co.jp
<本件に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社
ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室 TEL: 06-6394-6754
Email:mkt@sei-info.co.jp
https://www.sei-info.co.jp/


関連URL:https://www.sei-info.co.jp/news/news_wf20181108.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=20181108

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    儲けるための3つの手法
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアリスクの脅威と対策
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    自社の企業価値を知る、高める

経営喝!力 ビジネスIT活用index