NIKKEI

トップ>最新企業動向>文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus Ver.5.0」を販売開始(News2u提供)

文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus Ver.5.0」を販売開始

リリース日:
2019年01月22日
リリース発行企業:
住友電工情報システム株式会社
~ 見るべき文書を利用者に気づかせる仕組みを搭載 ~

住友電工情報システム株式会社は、お知らせやアクセスランキング、お気に入りフォルダ/文書の更新通知機能など、見るべき文書を利用者に気づかせる仕組みを新たに搭載した文書管理・情報共有システムの最新版「楽々Document Plus (らくらくドキュメント プラス) Ver.5.0」を本日より販売開始します。

楽々Document Plusは、オフィスファイルはもちろん、契約書やISO文書、複合機から取り込んだ紙文書の管理など、幅広い用途で利用できる文書管理・情報共有システムです。
1つの「文書(ドキュメント)」に複数のファイルを添付し、日付や作成者などの必要な属性情報を付与し、その文書を「フォルダ」に保存して管理できます。
登録した文書は、属性検索やあいまい検索といった高度な検索で、必要な時に必要な情報をすばやく取り出すことができます。

今回のバージョンアップでは、トップ画面をリニューアルし、お知らせや文書リンク集、アクセスランキング、最近見た文書、お気に入りフォルダ/文書の更新通知を一画面に配置しました。また、トップ画面から直接全文検索できるようにしました。
これらにより、重要な文書や皆が見ている文書、お気に入り文書の更新に、利用者が即座に気づけるようになります。
その結果、社内の情報共有が活発になり、業務効率の向上や働き方改革の推進を期待できます。

■バージョンアップの詳細は以下のとおりです。

・お知らせ機能
管理者からのお知らせをトップ画面に表示できるようになったため、新機能の利用方法や注意事項、メンテナンス情報などのお知らせを、利用者に伝えやすくなりました。
お知らせの作成にはリッチテキストを使用できるので、文字の色や大きさを変えたり、画像を利用したりして、お知らせの重要ポイントを目立たせることができます。

・文書リンク集機能
管理者が指定した文書をトップ画面に表示し、利用者にワンクリックで見せることができます。これにより、社内規程や業務マニュアルなど、利用者に見せたい文書を効率的に周知できます。

・アクセスランキング機能
利用者からよくアクセスされている文書が全利用者のトップ画面に表示されるため、誰もが見るべき文書の見落としを防止できます。

・最近見た文書の表示機能
利用者ごとに、最近見た文書がトップ画面に表示されます。業務の中で同じ文書を何度も使用するような場合に、フォルダをたどったり、検索したりせずに、目的の文書を見ることができるため、業務効率が向上します。

・全文検索窓の追加
トップ画面に全文検索窓を追加しました。これまでもメニューの「全文検索」機能から全文検索することができましたが、トップ画面にも配置したことで、よりすばやく、より手軽に、利用者が全文検索を活用できます。

・お気に入りフォルダ/文書の更新通知機能
お気に入りに登録しているフォルダに文書が追加されたときや、お気に入りに登録している文書が改訂されたときに、対象のフォルダ名や文書名の横にアイコンが表示されます。
例えば、執務書や規定などが追加・更新されたことに、利用者が気づけるようになります。


■新バージョンを東京・大阪の展示会でご覧いただけます。

楽々Document Plus Ver.5.0を下記の展示会に出展します。実際のシステムを使って、最新機能を紹介しますので、ご興味がある方はぜひお越しください。

・Japan IT Week 関西
  2019年1月23日(水)~25日(金) インテックス大阪 2号館 9-66
  https://www.sei-info.co.jp/event/event_ccek2019.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=20190122n

・日本ものづくりワールド
  2019年2月6日(水)~8日(金) 東京ビッグサイト 西2ホール 西8-27
  https://www.sei-info.co.jp/event/event_dmst2019.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=20190122n


当社は、今後もますます需要が見込まれる文書管理システム及び社内情報共有システムの市場において、時代のニーズを先取りした製品開発に取り組んでまいります。

以上


-------------------------------------------------------------------------

【補足資料】

■楽々Document Plusの特長
・高性能の全文検索エンジンQuickSolutionをバンドルすることで、あいまい検索にも対応。探したい文書がすぐに見つかります。
・高速ビューワを搭載し、ヒットしたページを瞬時に表示します。
・ドラッグ&ドロップによるワンタッチ登録ができるので、文書を簡単に登録できます。
・文書の登録/改訂/閲覧/廃棄に関する権限を設定でき、セキュリティ対策も万全です。
・部門に分散するファイルサーバを統合的に閲覧・検索できます。初期データ投入の手間を減らして手軽に運用を開始し、部門間の情報共有・活用を促します。
・複合機等のスキャナ機能によって電子化されたファイルを、自動で登録できます。登録されたファイルはOCR処理され、全文検索の対象となるので、紙文書の情報を効率的に活用・再利用できます。
・添付ファイル(オリジナル)のダウンロードをさせず、ビューワからの参照のみに制限できます。PDFファイル及びビューワからの印刷を制限できます。

■楽々Document Plusの動作環境
サーバOS :Windows Server
アプリケーションサーバ :Tomcat
データベース :PostgreSQL / Oracle / SQL Server
クライアント :Internet Explorer / Microsoft Edge / Google Chrome / Firefox /Android (Google Chrome) / iPad (Safari)

■楽々Document Plusの価格
パッケージライセンス価格 : 150万円(税別)~
※価格についての詳細は、別途お問合せ下さい。

■楽々Document PlusのWebサイト
  https://www.sei-info.co.jp/document-plus/index.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=20190122n


・楽々Document、QuickSolutionは、住友電気工業株式会社の登録商標です。
・Windows、Windows Server、SQL Server、Internet Explorer、Microsoft Edge は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Oracleは、米国 Oracle Corporation及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Firefoxは、米国Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・Google、Android、Google Chromeは米国 Google Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・iPad、Safari は米国 Apple Inc. の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
・その他、記載されている会社名・製品名等は、各社の商標または登録商標です。

■ 住友電工情報システム株式会社の概要
(1)設立 1998年10月1日
(2)資本金 4.8億円
(3)従業員数 500人
(4)代表者 代表取締役社長 奈良橋 三郎
(5)本社所在地 大阪市淀川区宮原3-4-30(ニッセイ新大阪ビル)
(6)事業内容 各種業務用ソフトウエアの開発・販売・保守、パッケージソフトの開発・販売・保守他

<製品に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社 ビジネスソリューション事業本部 
 システム営業部    TEL:03-6406-2840
 西日本システム営業部 TEL:06-6394-6731
            Email:rakrak@sei-info.co.jp

<本件に関するお問い合わせ先>
住友電工情報システム株式会社 
ビジネスソリューション事業本部 マーケティング室
 TEL:06-6394-6754  Email:mkt@sei-info.co.jp


【付帯情報】
・「見るべき文書」を気づかせるトップ画面
http://itm.news2u.net/items/output/164294/1


関連URL:http://www.sei-info.co.jp/document-plus/index.html?argument=EkZKmXCQ&dmai=20190122n

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアって何?利用実態と過去の事故事例
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    正しい売上・利益計画の立て方
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    タイの会社法やM&A
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    儲けるための3つの手法

経営喝!力 ビジネスIT活用index