NIKKEI

トップ>最新企業動向>株式会社シーズ、ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」を7月から販売開始(News2u提供)

株式会社シーズ、ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」を7月から販売開始

リリース日:
2019年06月06日
リリース発行企業:
株式会社シーズ
株式会社シーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:玉井勝文)は、ブロックチェーンの中身を理解し、スマートコントラクトの作成を学べる他に例のないブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」を7月から販売開始いたします。


■開発の背景

ブロックチェーンの産業活用に向けての実証実験が活発化する中、ブロックチェーン技術者不足が課題となっていますが、ブロックチェーンを学べる環境はまだほとんどありません。
この時代において、信用取引のベースとなる優れたブロックチェーンの研究・開発・構築、及び教育機関や研究機関への技術提供は必須となります。
そこで当社は、ブロックチェーンを学びたい方々のために、一般社団法人フィンテック研究振興協会(略称:FRPA、本社:東京都豊島区、代表理事:伊東久雄)と本商品を共同開発いたしました。


■内容

本商品はイーサリアムブロックチェーンを学ぶためのツールであり、今後需要拡大が必至なブロックチェーン技術者を育てるための教材です。
ローカル環境でブロックチェーンを動作・確認ができる「箱庭」のようなシステムです。


■特長

1.イーサリアムブロックチェーンの中身が見えます
 ブロックリスト、ブロックの内容、トランザクションの内容、ウォレット残高が一目瞭然です。

2.コントラクトを自分で作成できます
 まずは6つのサンプルのコントラクトを選択して、デプロイからトランザクションの実行まで行えます。

3.コインの発行条件を変えて動作を確認できます
 4つのコインの発行条件から選んで実行できます。

4.送金機能や換算機能も搭載され便利です
 手動送金の他、自動ランダム送金でトランザクションを発生させることができます。


■動作環境

端末:  Windowsが動作するパソコン(PC/AT互換機)

OS:  Windows10 ※Editionはいずれも可 ※64ビットOS

CPU:  Intel Core-i5-6500 3GHz 相当のCPU ※64ビット

メモリ:  8GB以上 ※16GB推奨

HDD:  15GB以上

ブラウザ:  Google Chrome 68.0以降, Mozilla Firefox 61.0以降
 ※Microsoft Edgeでも動作しますがテキストエリアが広げられないなどの問題があります。
  ChromeまたはFirefoxをお勧めします。
 ※Microsoft InternetExplorerでは動作しません。
 ※ブラウザのサイズは1400x900程度以上を推奨いたします。

その他:  Oracle VM VirtualBox が動作する環境であること
 ※本ツールを動作させるためにOracle社の「Oracle VM VirtualBox」がインストールされます。
  なお、インストール後のファイルサイズが180MB程度です。
  仮想マシンのファイルサイズは8GB程度です。



■お問い合わせ先

株式会社シーズ
 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-6-10プリモプラート5F
 TEL: 03-6907-2331
 担当者: 後藤勝由
 E-mail: goto@sees.tokyo


■関連サイト

【製品のご案内】
 ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」
  https://sees.tokyo/bctool/
 製品カタログ
  https://sees.tokyo/bctool/catalog/catalog.pdf

【総販売元】
 株式会社シーズ
  https://sees.tokyo/

【開発製造】
 一般社団法人フィンテック研究振興協会
  https://frpa.tech/



【付帯情報】
・ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」(1)
http://itm.news2u.net/items/output/165970/1
・ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」(2)
http://itm.news2u.net/items/output/165970/2
・ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」(3)
http://itm.news2u.net/items/output/165970/3
・ブロックチェーン学習ツール「箱庭システム」(4)
http://itm.news2u.net/items/output/165970/4


日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    内部監査のためのデータ監査ツール 最新版「ACL Analytics 11」を販売開始
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアって何?利用実態と過去の事故事例
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    儲けるための3つの手法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    タイの会社法やM&A

経営喝!力 ビジネスIT活用index