NIKKEI

トップ>最新企業動向>株式会社シーズ、ブロックチェーンチップを活用したIoT機器の保証伝送を実現へ(News2u提供)

株式会社シーズ、ブロックチェーンチップを活用したIoT機器の保証伝送を実現へ

リリース日:
2019年06月18日
リリース発行企業:
株式会社シーズ
株式会社シーズ(本社:東京都豊島区、代表取締役:玉井勝文)は、ブロックチェーンをチップ化した組み込み型ブロックチェーンを搭載したIoT機器を開発し、今年度末を目途に製品化を目指します。


■開発の背景

IoT(Internet of Things)は、センサーなどの各種デバイスからクラウド上に大量のデータが送られる仕組みであり、そのデータは未確定のものがほとんどで、信頼性やセキュリティの確保が課題となっています。

特に自律型モビリティや医療ロボットなどは、センサーからのデータに異常があったり改ざんが行われたりすると甚大な被害を引き起こしかねません。つまり、センサーを含むIoT機器では高いリアルタイム性を維持しつつ、データの正確性を保証していなければなりません。

この課題を解決するために、ブロックチェーン技術を応用した「組み込み型ブロックチェーンチップ」を開発いたしました。


■内容

組み込み型ブロックチェーンチップは、伝送データを時間ごとにブロックに格納し、その正確性・非改ざん性をブロックごとに確認しながら制御側へデータを送信する仕組みをチップ化したものです。

このブロックチェーンをIoT機器に組み込むことで、いままでできなかったデータの正確性の保証を行うことができるようになります。


■特長

1.センサー故障によるデータ異常を迅速検知/検知の高速化
センサー自体が故障し異常なデータを伝送した場合、タイニーブロックチェーン内部に記録されたデータから、データの状態が正常か異常かを判断でき、制御CPUに送る前にデータ異常を検知することができます。

2.雷などによるデータ化けを迅速検知/信頼性向上
制御CPUから送られるデータは、制御CPUとタイニーブロックチェーンチップの両方で一部保持しており、データ伝送時に常にチェックを行うため、データ化けを迅速に検知することができます。

3.悪意のある第三者による改ざんを迅速検知/セキュリティ強化
クラウド上のIoT機器に対して、悪意のある第三者によるデータ改ざんが行われる例が報告されているが、クラウド上のサーバーを含めてブロックチェーン化すれば、ダブルブロックチェーンで改ざんを迅速に検知できます。


■お問い合わせ先

株式会社シーズ
 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2-6-10プリモプラート5F
 お問い合わせはこちらから https://sees.tokyo/contact/


■関連サイト

 ブロックチェーンのチップ化 https://function5.biz/iot-lp/
 株式会社シーズ https://sees.tokyo/



【付帯情報】
・組み込み型ブロックチェーン
http://itm.news2u.net/items/output/166026/1


日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    内部監査のためのデータ監査ツール 最新版「ACL Analytics 11」を販売開始
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ソーシャルメディアって何?利用実態と過去の事故事例
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    儲けるための3つの手法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    タイの会社法やM&A

経営喝!力 ビジネスIT活用index