NIKKEI

トップ>セミナー・イベントレビュー>クライシスマネジメント

クライシスマネジメント

~災害時における強い企業の条件とは~

セッション1

経営戦略として捉えたBCP/BCMとは
~実効性のある構築と運用のポイント~

訓練通じ欠点洗い出し、更新


三菱UFJリサーチ&コンサルティング
コンサルティング事業本部東京本部
総合コンサルティング部
チーフコンサルタント
笠原 正史氏
BCPや事業継続マネジメント(BCM)とは一言で言えば、「最悪のことを考えよう」ということだ。企業活動にとって何が最悪なのかをきちんと押さえた上で、最善のことを行う。これに尽きるわけで、その上に経営戦略を構築することで安心感の中で冷静な対応が可能となる。

「実効性」とは、まずBCPを策定し、それを全ての従業員に伝え、改善を続けていくことだ。つくるだけで終わりではなく、定着させることが実効性の最終目標となる。

東日本大震災の発生後に企業はどのようなことを考慮したか。多くの企業が従業員の安全や工場、IT(情報技術)システムの状況などをまず心配したのではないだろうか。これは資源の心配である。一方、重要設備の状況や復旧可能日、参集要員などを考慮するのが事業の心配であり、これがBCPの範疇(はんちゅう)になる。

 危機管理とBCPは区別して考える必要がある。「想定外だった」とよく言うが、それは単に最悪のシナリオを想定していなかっただけではないのか。取引先など外部への影響まで考えてシナリオを描いていたかが問題だ。自社だけの「個者最適」な危機対策を行うのは危機管理である。BCPの目的は利益の源泉である重要事業を守ることであり、そのためには社内の経営資源も供給業者も重要になってくる。事業の復旧時間が延びれば他社へのスイッチが進み、自社のマーケットシェアが縮小する。結果的に株価や事業価値が損なわれ、ステークホルダーに損害をもたらす。

震災では供給業者の被災により業務継続が困難になったケースが顕在化した。そのため今後のリスクに対して、主要取引先にBCP策定を求める動きが増加しているだけでなく、官公庁の入札業者登録や金融機関の緊急融資などの審査条件にBCP策定が盛り込まれるケースも出てきた。また、BCPを策定しないと、会社法で定められた「取締役の善管注意義務違反」に抵触する可能性もある。つまり、BCP策定は経営戦略として認識すべきなのである。

完璧なBCPを策定し運用しても、有事の際の被害や損害をゼロにはできないこともある。しかし、最悪のシナリオを想定しておくことで想定外の事象を減らし、被害を最小化できる。さらに有事の際に各自が自身と組織の生き残りのために自律的に行動できるレジリエンシー(現場力)の醸成にも貢献するだろう。BCPは想定に基づいて机上でつくられたものだ。実動訓練を通じて欠点を洗い出し、更新していくことが実効的なBCP策定の基本になる。

具体的にどのようにBCPを策定するのか。最低限すべきことは災害発生時のリスクコントロールとサービスレベルの維持だ。それにより顧客サービスの提供レベルの維持・向上が図られ、自社のマーケットシェアの維持・向上につながる。BCPの要領書、マニュアル、チェックリストなどは膨大な量になる。緊急時にいちいち読むことはできないので、訓練や教育で身体に染み込ませておくことが重要だ。マネジャークラス以上は緊急時の作業手順を記載したチェックリストを携帯すれば、遠隔地にいても対応が可能となる。

当然のことだが、BCPの策定は総務部や企画部まかせにせず、経営者が加わらなければならない。それはマーケットシェアや売り上げ・利益、重要顧客の存在、供給業者など関連する全てを検討した上での重要事業の選別や、BCPの対象となる適用範囲の決定には経営者の判断が不可欠だからだ。

そして、重要業務に及ぶ最悪のシナリオを設定し、そのビジネスへの影響を詳細に測定する。こうした分析に基づいて最優先で復旧すべき事業や最大許容停止時間、目標復旧時間を考えてリカバリー戦略を構築することになる。

リスク特定し脆弱性へ対応を

ビジネスへの影響を分析する上で重要になるのは、BCP構築上認識すべきリスクを特定し、それに対する脆弱性を検討することだ。BCPが機能しない理由には脆弱性への対応が不十分である場合が多い。リカバリー戦略では目標時間内に事業を復旧させるために必要な設備や人材、供給業者などのリソースに加え、リスクの軽減策についても検討する。それをまとめたものが「BCM基本計画書」となる。計画書を全社だけでなく取引先などにも示して定着化させ、組織改革の際などにも更新し継続的に運用していくことでBCMの体制が構築できることになる。

以上のように、BCPを構築し定着化させることは経営上大きな意義がある一方で、構築には一定の知識が必要であり、また作業負荷も高いために、BCPが未作成のままである企業が依然として多い。こうした現状を踏まえ、当社は作業の手間を軽減しながら適正なBCPを構築し定着化するための支援ツール「BCPクリエータ」をサン・プラニング・システムズと共同開発。本ツールを使用したBCP構築支援サービスの提供を10月から開始する。

本ツールは、(1)基本方針の策定 (2)リスクの分析 (3)事業への影響測定 (4)事業継続に必要なリソースの特定 (5)リカバリー計画の策定 (6)BCPマニュアルの作成 (7)従業員の教育・訓練――といった一連のBCP構築プロセスにおいて、ツールに搭載されている各種テンプレート、事例、作成ポイントなどを活用・参照することができ、作業および進捗管理を網羅的かつ効率的に進め、BCPの知識が少ない人でも、容易にBCPを完成させることが可能になる。併せて、訓練や実際の災害発生時に活用できるチェックリストの作成も支援する。(詳細はhttp://www.murc.jp/report/press/20110901.html

日経産業新聞 ビジネス動画 動画で見る、話題の新製品・先端技術 詳しくはこちら

日本大学 通信教育部

月間アクセスランキング

  1. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の具体的な改正内容とその対応のスケジュール
  2. 企業マネジメント最新トレンド
    グローバルに対応しうる事業戦略とは
  3. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正において、企業が取組むべきこと
  4. 企業マネジメント最新トレンド
    ISO9001及びISO14001の2015年改正における具体的な取組み方法
  5. 企業マネジメント最新トレンド
    企業価値とは何か。経営にどう影響するのか

日経産業新聞ピックアップ

2017年6月27日付
  • 金融取引の説明不足を判定、フロンテオ AIを活用、通話記録を分析
  • クラリオン、ロシアでつながる車開拓 通信ユニット、現地で生産
  • コマツ 土砂運搬てきぱき ダンプ運転手のスマホに指示
  • 三菱製紙、カーボンナノチューブ収益減に育成 子会社でヒーター2種開発
  • アマダHD、仏拠点の生産能力3倍 レーザー加工機

経営喝!力 ビジネスIT活用index